ナリナリドットコム

牛丼チェーンの松屋は、1月16日15時から「牛めし」の定価を値下げすると発表した。また、1月9日をもって「豚めし」の販売を終了することも発表している(※終了時期は店舗によって多少異なる)。

今回の値下げは期間限定ではなく、定価の改定。新価格の導入により、「牛めし」は小盛280円→230円、並320円→280円、大盛420円→380円、特盛520円→480円と、従来よりもそれぞれ40〜50円安くなる。

また、「旨辛ネギたま牛めし」は小盛350円→330円、並390円→380円、大盛490円→480円、特盛590円→580円、「カレギュウ」は並580円→560円、大盛680円→660円、「牛皿」は並250円→200円に改定。いずれの新価格も、1月9日10時〜16日15時に開催する「牛めし240円キャンペーン」の終了後からの開始だ。

なお、「松屋」における「牛めし(並)」の価格推移(2000年以降)は次の通り。

2000年9月:400円→290円
2004年2月:BSEで販売一時中止
2004年10月:販売再開390円
2005年9月:390円→350円
2008年9月:350円→380円
2009年12月:380円→320円
全文を表示