マイナビ学生の窓口


「若者の○○離れ」とはよくいわれるところですが、その中に「若者のお酒離れ」また「若者のアルコール離れ」というものがあります。たしかに新入社員で「お酒が苦手」という人が増えているような気がしますね。では「このお酒離れ」は事実なのでしょうか。

国税庁が平成27年5月に公表した「酒レポート」というデータがあります。酒税はけっこう重要な歳入になりますから、国税局はアルコールの消費量をとても気にしているのです。嫌な話ですね(笑)。

この資料の中に、1989年(平成元年)から2013年(平成25年)までの成人1人当たりの酒類の消費量を算出したデータがあります。

■成人1人当たりの酒類消費数量の推移

1989年 95.7リットル

1990年 100.1リットル

1991年 101.5リットル

1992年 101.8リットル

1993年 100.0リットル

1994年 101.6リットル

1995年 100.0リットル

1996年 99.5リットル

1997年 96.1リットル

1998年 95.8リットル

1999年 96.2リットル

2000年 95.5リットル

2001年 95.4リットル

2002年 93.9リットル

2003年 89.7リットル

2004年 88.5リットル

2005年 87.8リットル

2006年 86.1リットル

2007年 84.9リットル

2008年 82.5リットル

2009年 82.6リットル

2010年 82.3リットル

2011年 81.8リットル

2012年 82.2リットル

2013年 82.8リットル

*……沖縄県は集計に含まれていません。

このように、1992年(平成4年)の「101.8リットル」をピークに右肩下がり傾向は続いています。2013年(平成25年)が「82.8リットル」ですのでピーク時から約20%も1人当たりの消費量が下がったことになります。

また、1992年の成人人口は「9,262万人」、2012年の成人人口が「1億384万人」ですので、成人人口は増えています。お酒をあまり飲まない成人が増えているということですね。

ちなみに、各都道府県で成人1人当たりの酒類の消費量の多い順にランキングすると以下のようになります。

■成人1人当たりの酒類販売(消費)数量の多い都道府県Top10

第1位 東京都……109.4リットル

第2位 高知県……99.1リットル

第3位 青森県……95.8リットル

第4位 宮崎県……95.0リットル

第5位 新潟県……94.8リットル

第6位 秋田県……94.6リットル

第7位 大阪府……94.1リットル

第8位 鹿児島県……91.5リットル

第9位 岩手県……91.1リットル

第10位 北海道……89.7リットル

*……沖縄県は集計に含まれていません。

東京都がぶっちぎりで1位でした! 2位の「高知県」とは平均年間消費量で10リットルも違います。若者のアルコール離れといわれますが、東京都の成人はけっこう飲んでいますね。飲み屋がたくさんあることが影響しているのかもしれません。

2位「高知県」、3位「青森県」と酒豪がたくさんいそうなイメージのある県が続いてます。Top10に入った都道府県に住んでいる皆さんはいかがでしょう。 やっぱり周囲にお酒が好きな人が多いのではないでしょうか!?

データからすると、「若者のアルコール離れ」は全体傾向としては正しいものの、地域によっては「そうでもない」という場所もあるのではないでしょうか。

⇒データ出典:国税庁「酒レポート 平成27年3月」

https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/shiori/2015/pdf/006.pdf#page=4

(高橋モータース@dcp)

全文を表示