日本と中韓の外交摩擦の象徴ともいえる靖国神社。そんな場所で、あられもない姿になった中国人女性が話題となっている。

 ニュースサイト「今日資訊網」(8月20日付)などによると、女性の名は郭憶然さん。彼女は、靖国神社の正門でビキニ姿となり、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国のものだ」というスローガンを手に掲げた写真をネット上に投稿。その後、掲示板やSNSサイトを通じて、あっという間に拡散されたのだ。

 同サイトによると、彼女は自らの行動の動機について「愛国の感情を中国人や日本人に知らせたかった。歴史を記憶することは恨みを心に刻み付けることではなく、平和を大切にするため」と殊勝にコメントしている。また、彼女は芸術を勉強しており、ビキニになるという行為は、芸術的手法だと主張した。 

 記事では、抗日戦勝70周年を迎えるにあたり、第二次世界大戦への反省と領土主権を示したということで、ネット民からは「社会への不満は口だけではなく、行動で示すべき。こうした愛国心の表現方法は、“最も美しい平和大使”だ」と称賛を集めているとしている。

 一方で、売名を目的とした行為では? といった疑惑も浮上している。郭さんは留学生と紹介されているが、ネットで検索してみると、同姓同名のモデルがヒットする。両者は化粧に違いがあるものの、見た目はどことなく似ている。そのモデルの「微博」(中国版Twitter)公式アカウントによると韓国の学校を卒業し、現在は上海を拠点に活動している。ところが投稿を見ると、ちょうど7月から8月にかけて東京に滞在しているのだ。もし郭さんとこのモデルが同一人物なら、その滞在中に靖国神社で撮影された可能性が高い。

 そんな背景もあり、記事に関する書き込みには「恥を晒すな」「本当は日本人なんじゃないのか?」「AVでも撮ろうってのか」と、厳しい意見が多い。実際、彼女が名前を売りたいのであれば、日本でAVデビューしてしまうのが手っ取り早い気もする。今後の展開に期待したい。
(文=中山介石)

「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国のものだ」のスローガンを掲げる郭憶然さん。