マイナビ学生の窓口

8月23日、NHK教育「将棋フォーカス」でまたしても将棋の佐野六段が話題をさらった。

この日、対戦の直前に自分のカツラを突如外し、少し寂しくなった頭髪を明らかにした佐藤六段。ジャケットを脱いで半そで姿になったあと、なんと金髪ギャル男風のカツラも外してしまった。そして脱いだカツラはおもむろに同席していた乃木坂46の伊藤かりんに手渡した。
驚いた伊藤と対戦相手の山崎八段は笑いをこらえきれずにいたが、佐藤六段は真剣そのもの。

今回の対極は「1分切れ負け将棋」というもので、持ち時間が1分しかなく高速にささねばならないという特殊なもの。

周囲が戸惑う中、真剣な表情の佐藤六段に押され、勝負はスタート。激しい接戦の末に山崎八段が勝利。佐藤六段はせっかくカツラを脱いで戦闘体制に入ったものの負けてしまった。
なんとか勝利した山崎八段も、場を盛り上げる佐藤六段を称え「将棋以外は完璧。」「将棋ぐらいは勝たないとね」とコメント。

佐藤六段はカツラを外したこの行為を「気合を入れるため」と説明した。真剣な勝負でしかもNHK教育という番組で起こった珍事に、将棋を愛する視聴者にも衝撃が走った。

全文を表示