来年、サミットが行なわれる三重県志摩市で、海女をモチーフにした市の公認萌えキャラをめぐって、市と海女さん軍団のバトルが勃発した。

問題となったのは昨年10月、市が発表した公認萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」(写真)、17歳。つぶらな瞳に長い黒髪。しかもかなりの巨乳で、純白の磯着の裾からなまめかしい素足ものぞく。

このキャラに対し、地元の海女さんを中心とした女性たちが「女性蔑視だ」「海女の文化やイメージを損なう」と大ブーイング。志摩市にはすでに、キャラ撤回を要求する309名(うち現役海女97名)もの署名が届いているという。

署名を集めた志摩市在住の主婦、宇坪伊佐子さん(39歳)がこう憤る。

「乳首が見えるくらいにバストが強調されており、女性の性的な部分を強調したとしか思えません。児童ポルノ法にも抵触しかねず、海女たちにも失礼。私の母も現役の海女ですが、これはひどいと怒っていました」

妻が海女だという男性もこう反発する。

「志摩市内の海女の8割以上が怒り心頭だと、妻が言っていたよ。こんな長い髪で海に潜れるわけがない。生足がはだけるような磯着もあり得ない。そもそも、今はみんな黒いウエットスーツを着ているからね。このキャラは海女というよりも、女の色気をアピールしているだけ。一刻も早く撤回してほしい」

こうした批判の声に対して市の答えはなんとも呆れるものだった。

「クレーム内容はキャラ考案者に伝えました。市が関与しているのは、キャラ考案者が作製したポスターを観光協会案内所で配布しているだけ。確かに公認はしましたが、だからといって、この萌えキャラを市が利用して何かをしているわけではない。もちろん、税金も1円も使っていません」(市観光戦略室)

まるで責任はキャラ考案者にあるとばかりの言い草だ。そこでキャラ考案者にも話を聞いた。企画会社「マウスビーチ」代表で、かつてTBSの人気番組『ガチンコ!』に出演し、バイクレーサーになった浜口喜博(よしひろ)氏だ。

「私はフランスの『ルマン24』にも出走しましたが、その中で若い人にバイクレースに興味を持ってもらおうと、バイクにアニメキャラを描いて走ったところ、『クールジャパンだ!』と大評判になったんです。そこで志摩市でも海女の萌えキャラを作ってアピールすれば、若者が注目してサブカルチャーによる町おこしにつながるはずと考え、市長にキャラを提案したのです」

キャラを色っぽくした点について、浜口氏はこう答える。

「これでも抑えたつもり。秋葉原に行けば、もっと過激な萌えキャラがいっぱいあるでしょ? 批判を考慮して、最新のポスターでは若干デザインを変更しましたが、キャラそのものを撤回するつもりはありません」

浜口氏の言葉どおり、8月に配布された最新ポスターの「碧志摩メグ」は、露出も少し抑え気味なものに。だが、反対派は「小手先で何をしようと、このキャラに対する不快感は変わらない」(前出・宇坪さん)と収まらない様子だ。

志摩市民からは「今や海女の平均年齢は70歳近く。そのままキャラ化するのは無理がある。もうオッパイも張っていないし、海女をかわいく描こうとすれば、このくらいの露出は仕方ないのでは?」(20代・男性)と同情の声も聞こえてくるが…。

17歳萌え海女キャラにNOを叫ぶ平均70歳の現役海女たち。その訴えは実るのか? バトルの行方に注目だ。

市公認の萌えキャラに志摩の海女軍団が怒りの抗議!「女性の性的な部分を強調したとしか…児童ポルノ法にも抵触しかねない」?