ビジュアルノベル(絵と音を加えた電子画面上で読む小説ゲーム英語版移植を手掛けるローカライズスタジオMangaGamerが、『屋上の百合霊さん(英題:Kindred Spirits on the Roof)』(ライアーソフト)を、来年Steam(開発・運営Valve Corporation)で発売すると発表。同発表を受け、エロゲファンは「遂にSteamエロゲ解禁なのか」と騒然となり、熱い議論を繰り広げている。

 発売が決定した『屋上の百合霊さん』は、2012年に登場したPC向けアダルトゲーム…つまりエロゲである。舞台は、跡に建てられたことから“シロジョ”の名で親しまれる九ツ女子学園。ある事情により静かに学園生活を送っていた無常少女・遠見結奈は、休みの屋上でふたりの幽霊に出会う。百合レズ)な想いを抱えて、死に、出会い、百合仲となったふたりの幽霊の願いは“悔い素晴らしい初体験”だ。しかし、その方法がわからず……といった、切なくもエロい内容だ。

 同ゲームを手掛けたのは、1999年7月超能力覚めた主人公セックスす『ちょ~イタ』を販売し、キャリアスタートさせたライアーソフト。同作に対し、「超能力でイタズラ、だからちょ~イタ! ※「タイソフト」ではありません」と記載する時点で少々痛い気もするが、そうしたゲームを男らしく出す、熱い一面もあるメーカーだ。ライトノベルファイヤーガール』(TYPE-MOON BOOKS)などで知られる星空めてお氏も、かつて同メーカーに在籍し、いくつものゲームに携わった。

 そんな『屋上の百合霊さん』がSteamから発売。Steamは購入、またはゲームの使用権さえ登録すれば、インターネット環境のあるどのPCからでもインストール、そしてプレイが可となる。それだけに多くのユーザーが存在するのだが、Steam運営するValve Corporationは、過ゲームや性的な表現を含む美少女ゲームに対して厳しいことで知られている。

 そうした背景の中、今回の発売が決定。さらに、無修正ノーカットでのリリース認可が降りたことを、英語版移植を手掛けるローカライズスタジオMangaGamerのスタッフも歓喜して報告。さぞやエロゲファンも喜ぶかと思われたが、「なんでよりによって百合なんだよ」「どうせ紙芝居ビジュアルノベルの通称)なんだろ」「他に出すべきゲームがあったはずだ」など、『屋上の百合霊さん』に不のよう。また、「Steamレズには寛容なの?」「百合は美しさがあるから?」「百合ホモは、エロがあるからって下手に規制すると、その手の団体が騒ぎ出すからな」といった“百合だから許された”とにらむ、「ロリが一番うるさいけど、これは結構投身が高いからな」「もともと修正しないといけないほど、ガッチリとしたエロはないだろ」と“エロが足りないんだよ”と嘆くが錯綜し、変な感じに盛り上がっている。

 果たして百合だから販売できただけなのか、それとも続々とエロゲが解禁されるのか。今後のSteamの動向を、エロゲファンと共にいやらしいで追いたい。

『ライアーソフト』公式サイトより。