9月10日、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊した災害で、自衛隊のすばらしい判断力に賞賛の声が集まっている。

テレビやネットでリアルタイムに災害状況が報道されているが、その中、電柱にしがみつき助けを待っている男性が注目されていた。男性は、水位ギリギリの地点にいるように見えたのだが・・・。

自衛隊は、先に茶色い家での救助を行った。いったい、いつ電信柱の男性を救助するのか? もどかしさを感じたが、それはまったくの素人考えであった。

さっき自衛隊ヘリが電柱のおじさんより先に救助してた茶色い家、倒壊して無くなってる…自衛隊の判断力すげーな(゚Д゚)#鬼怒川 #堤防決壊 pic.twitter.com/6cqenvz7Ke

— カフェ鈴生(アイス屋) (@cafe_suzunari) 2015, 9月 10

電信柱の男性よりも危険度が高かったのは、茶色い家だったのだ。

茶色い家は、倒壊して流されてしまった。

そして自衛隊は電信柱の男性の救助にも成功する。

【速報】濁流の中、電柱にしがみついていた男性が自衛隊に救助されました!15時10分、おそらく1時間以上濁流の中に取り残されていましたが、ようやく助けられました! pic.twitter.com/g9PdIPDf1X

— ゆる系速報・ぽん太くん (@JPNG5) 2015, 9月 10


緊急事態でのすばらしい判断力! ネット上では自衛隊への賞賛の声が集まっている。

@cafe_suzunari こういうとき、何も分からないド素人がギャーギャー騒ぐべきじゃないですよね。自衛隊もそんなにバカじゃないと思います。

— カピ (@Iniesta8LOVE) 2015, 9月 10

@cafe_suzunari ナイス判断!

— suzuichi_7 (@suzuichi_7) 2015, 9月 10

@cafe_suzunari なんであっちが先なのかと思ったら…絶句

— ぺこぽん。 (@shinomei3189289) 2015, 9月 10

@cafe_suzunari @manzoku123 自衛隊の方々には本当に頭が下がります。頑張ってください。

— 林 謙太郎 (@semedaruma1) 2015, 9月 10


ほかにも取り残された人は多数おり、各地で助けの声があがり、また自衛隊や県警によって救助作業が進められている。

【懸命の救助活動 茨城・常総市】茨城県常総市の救助の様子です。住宅の2階から住民が間一髪、救助されました。住宅は直後に濁流に飲み込まれました。 #大雨 #茨城 #救助 pic.twitter.com/9crITHpSlS

— NHK生活・防災 (@nhk_seikatsu) 2015, 9月 10

茨城県常総市山口669アパート2階にて4人安全は確保できています危険な状態の方からの救助で結構です救助を待っています#救助 pic.twitter.com/WC3ZzQyjz8

— さこ@WHASHガチ( ¯ ³ ¯ ) (@yan_s9) 2015, 9月 10


俺は無事です!自衛隊の人たちが頑張ってるので皆さん助かります!安心してください! pic.twitter.com/2xgmQvAV9t

— 新規 SIN-SIN (@134Sim) 2015, 9月 10


【救助をあきらめないで】救助を待つ皆さん、家に閉じ込められた方、孤立している方、助けを求め続けてください。目立つ物を振ってください。電話やツイートをしてください。大声で叫んで下さい。必ず助けが来ます。あきらめないでください。#救助 pic.twitter.com/PyCWk4chqM

— NHK生活・防災 (@nhk_seikatsu) 2015, 9月 10

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【鬼怒川災害】自衛隊の判断力がすばらしい! ネット上で賞賛の声が広がる