ニコニコニュース オリジナル

 インターネットで活躍するクリエイターを応援するテレビ東京の番組『ドリームクリエイター』(司会:百花繚乱、繁田美貴テレビ東京アナウンサー)の収録風景が2012年1月15日、ニコニコ動画で生放送された。注目トピック「桃井はるこさんと徹底討論!ネットとアイドル」では、シンガー・ソングライターで声優の桃井はるこさんが、アイドルグループ・AKB48の曲の歌詞について「アイドルがファンの心を代弁して歌うのは初めてだと思う」とした上で「歴史を塗り替えた」と絶賛した。

 番組では、アイドルに造詣が深く、自らアイドルのプロデュースを手がける桃井さんが「アイドルに必要なのはロマンです」「ロマンは非現実を見せること」とアイドル論を縦横無尽に展開。さらに、桃井さんは人気アイドルグループ・AKB48を取り上げ、「『AKB48の曲はオーソドックスで新しいことをやっていない。挑戦してない』と書く人(評論家)がいますが、私はまったく違うと思っている」と持論を熱く語り始めた。桃井さんによると、

「(AKB48は)音楽としてはオーソドックスで定石的なことをやっているが、歌詞の世界では秋元康さんがとんでもない発明をされた」

という。その理由について、桃井さんは「アイドルの曲における一人称のあり方」をキーワードに挙げ、

「AKB48の曲の一人称である"ぼく"というのは、ファンの方の目線なんですよ。アイドルの曲の定石と言えば、ファンが言って欲しいことを女の子が歌うのが多いと思うんですけど、アイドルがファンの心を代弁して歌うのは初めてだと思うんですよ。自分の気持ちを(アイドル)本人たちが歌ってくれたら、それは感動する。今までのアイドルの曲の歴史を塗り替えることをやってきたんだとしみじみ思います」

と語り、AKB48の曲の歌詞をほめちぎった。

 番組ではこのほか、"祝!準レギュラー決定!石田晴香プレゼンツ「歌い手Gero魅力大解剖」"のコーナーで、ニコニコ動画を中心に幅広く活躍する歌い手Geroさんをゲストに迎え、その魅力を徹底解剖した。"ドリームボーカリスト"のコーナーでは、第5ピリオドが開始。"(∵)キョトンP"がアレンジした『創聖のアクエリオン』が課題曲として発表された。また、"今週のくぎうまちゃん4コマコーナー"では、出演ゲスト全員で即興のアテレコに挑戦した。

【関連サイト】
・[ニコニコ生放送] 「桃井はるこさんと徹底討論!ネットとアイドル」部分から再生 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv75422094?po=news&ref=news#20:52
・[ニコニコチャンネル]ドリームクリエイター
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch23
・モモブロ - 桃井はるこ Official Blog
http://ameblo.jp/momoi-ktkr/
・ドリームクリエイター公式サイト - テレビ東京
http://d-creator.jp/

(鏡)

全文を表示