21歳の車掌が駅のホームに置き去りにされ、次の駅まで電車をダッシュで猛追した...。京浜急行電鉄の北品川駅-新馬場駅間で2015年10月14日未明に発生した"珍事"は、世間をにぎわせた。車掌は新馬場駅で再び同じ電車に乗り込み、無事に業務を再開したというが、驚いたのは、置き去りによる遅延が約5分で済んだことだ。5分。駅間の距離にもよるだろうが、人間の脚で1駅を駆け抜け、電車に乗り込むまでが5分で済むものなのか。Jタウンネット編集部では、実際に記者が自ら全力疾走することで明らかにすることを試みた。

実際の走行時間は3分前後だった

北品川駅と新馬場駅の間は約700メートル。あまり離れていないが、京急電鉄広報課に話を聞いたところ、より具体的な状況が分かってきた。

当時、北品川駅で電車の窓から身を乗り出して安全確認をした車掌は、発車可能のブザーを押した後、アナウンス用マイクをホームに落としてしまったことに気付いた。マイクを拾おうとホームに降りた直後に運転士は電車を発車させ、車掌は置き去りにされた。発車時刻は14日午前0時10分。

焦った車掌が急いで改札前の駅務室へ行くと、「近いから新馬場駅へ向かえ」と司令部から指示を受け、走り出した。車掌は沿線の第一京浜道路(国道15号線)を駆け抜けて新馬場駅に着き、運転を見合わせていた同じ電車に乗り込むと、午前0時15分に同駅を発車した。この間約5分。

広報課によれば、「置き去りにされてから、駅務室で指示を受け、実際に北品川駅を走り出すまでには、早くても2分前後はかかると思われる」とのこと。それでも北品川駅で置き去りにされた5分後に新馬場駅を発車したのだから、700メートルの移動に要した時間は3分前後だったことになる。

3分。車掌はスポーツマンなのか? 問い合わせると「プライベートな事柄なので答えられない」とのことだったが、小中高校でサッカー部だった記者は妙な対抗心が沸いてきた。

実際に走ってみなければ分からなかったこと

北品川駅へ向かう。できるだけ同じ距離とコースでタイムを計測するため、スタート地点は北品川駅の駅務室がある改札前、ゴールは新馬場駅のホームとした。ここを3分以内で走り抜けられるか。

忠実さを持たせるため、服装はシャツ、スラックス、革靴と、車掌の格好に近づける。もちろん体操をする時間の猶予はない。時間帯も、辺りが暗くなった午後6時。

走り出す。歩道は広くなく、2人がすれ違える程度だ。所々で工事もしている。対向者がいたら徐行しなければならないが、車掌が走ったのは午前0時12分頃なので人通りは多くなさそう。この狭さは速度上さほど問題にならないだろう。

最近はあまり運動していなかった記者だが、意外とスピードが出る。なぜだ。疑問に思ったが、どうやらこの第一京浜道路、北品川駅から新馬場駅に向かって緩やかに下り勾配がついていた。車掌の速さの要因の一つはこれだろう。

「なんだ、下り坂だし大したことはない...」 調子よく風を切っていたが、400メートルほどを過ぎた辺りで突如、疲労がのしかかる。序盤で飛ばし過ぎたのか、息が苦しい。一説によると、700メートル程度の中距離走は瞬発力、スピード維持能力、心肺能力の3つが高レベルで要求される「苛酷な競技」らしい。

車掌はどんな気持ちでこの道を走ったのだろう。件の電車はその日の最終列車だった。疲れた体を電車に委ねる、たくさんの乗客。「車掌は『自分の責任で大勢に迷惑をかけている』という思いだったと聞いている」と広報課は答えていた。第一京浜道路沿いのレンタカー店員は、「走っている車掌はうちでは誰も目撃できなかった」という。一刻も早くと、一心不乱で駆け抜けたのだろう。そんな車掌に思いを馳せると、今走っている記者も「バテたから」という理由で手を抜くわけにはいかなかった。

当初の「対抗心」は徐々に薄れ、車掌の当時の心情や表情が気になってきた。北品川駅で置き去りにされた時、駅務室で指示を受けた時、疾走している時。自責の念や焦燥に、ダッシュによる酸欠が加わって、記者が車掌の立場なら半狂乱に陥ってしまったかもしれない。

目標の「3分」は達成、しかし...

新馬場駅に着いたが、最後に難関に直面する。階段だ。後で測ったところ、高さは1段約14センチで全58段あった。サッカー部時代の地獄の階段ダッシュを思い出し、うなだれる。膝が笑う。

どうにか駆け上がり、ゴールの駅ホームに着く。タイムは2分38秒。苦しかったが、外的・内的要因が絡み合い、「3分以内」は達成できた。どうやら本当に北品川駅-新馬場駅間を走って移動し、約5分の遅延で済ませることは不可能ではなさそうだ。もっとも、記者は全身疲労に見舞われた。車掌も同じであったなら、このあと通常どおりに業務をこなすのは容易ではない。

ネットでは「車掌として重大な過失なんだろうけど、一生懸命に自分にできる謝罪をしているようで憎めない」「猛ダッシュで走った車掌さんに拍手」など労いの言葉が多かった。一方で当然ながら、「乗客には気の毒」「自分が乗ってる電車だったら、5分遅れられたらたまったもんじゃない」と憤慨する声もあった。京急電鉄の発表では、今回のトラブルは車掌のミスによる部分が大きいということで、「あらためて基本動作の指導・確認を徹底する」としている。

話題の現場を走ってみた