ガジェット通信

現在『YouTube』に投稿された初音ミク関連動画が大量に削除されている。これら一連の事件は『YouTube初音ミク動画大量削除事件』と呼ばれており、国内外でちょっとした騒ぎになっているのでこの場で取り上げたい。この『YouTube初音ミク動画大量削除事件』は何者かにより「著作権侵害の申請」が出され、動画が閲覧できないようになっている。しかしこの「著作権侵害の申請」が偽申請だという疑惑が浮上しているのだ。

『YouTube』に投稿されている日本語版動画は削除されていないが、本家を翻訳した英語版、スペイン語版その他の言語版の初音ミク動画が「笹純一」という権利者により削除申請されているのだ。しかしこの肝心の削除申請者は1人ではなくほかにも名前を持っており、「笹金純一」「笹川純一」「笹村純一」といくつもの名前で削除申請している。このことから誰が何の目的で削除要請しているのか分からず、また削除申請事態も偽申請(嫌がらせ)だという疑惑が出ている。

昨日1月31日にはこれら初音ミク動画を守るために『SAVE MIKUキャンペーン・プロジェクト』が立案された。動画作成者及び作曲者が削除申請を出すのならわかるが、何故この人物が初音ミク動画を『YouTube』から削除しているのか。その動機は未だに不明なままである。

YouTube初音ミク動画大量削除事件(ニコニコ大百科)

savemiku @ wiki
http://www55.atwiki.jp/savemiku/pages/14.html

笹純一の申請により削除された動画
http://www.youtube.com/user/anaraquelk2

笹川純一の申請により削除された動画
http://www.youtube.com/user/xxKMSakura

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

全文を表示