毎週金曜に放送中の関ジャニ∞錦戸亮ドラマサムライせんせい」(テレビ朝日系)で、神木隆之介演じる幕末英雄坂本龍馬(楢崎)が11月13日()の第4話で、女装メード姿を披露することが分かった。

【写真を見る】神木隆之介演じる龍馬は、寅之助(藤井流星)とサチコ(黒島結菜)のためにひと肌脱ぐことに…!

と言えば、柔軟かつ胆、自由奔放な男であると史実などではいわれているだけに、「え? 女装?」と動揺する人も少なくないはず。

本作におけるは、こり固まらない思考を持つが故に現代に溶け込み、楢崎という仮の名でジャーナリスト活動を行っているが、今回の女装姿も現代に溶け込むための方策の一つだった。

しかも、そこにはもう一つ重大な理由が…。第4話では、半平太(錦戸)が身を寄せる佐伯チャラ男寅之助(藤井流星)と、その彼女サチコ(結菜)のピュア路を絶とうとする事件が発生。

実は、この若いカップルのためにひと肌脱ごうと思案した結果、女装という手段を取る。見たはどこからどう見ても女性だが、その根底にあるのは土佐を背負って立つ彼の“気”。

木がその長いキャリアの中でも初めての女装に踏み切る覚悟をし、浮き彫りにしたおとこ・坂本龍馬の気概、いやむしろ“”に杯したい。

【第4話のあらすじ

寅之助彼女サチコが、何者かにで連れ去られてしまう。サチコの身に何が起こったのか、見た人生設計もチャラいがサチコを思う気持ちだけはっすぐな寅之助は、とても心配する。

半平太と楢崎は、寅之助とその香(比嘉愛未)と共に、サチコを乗せた不審車両が向かった先へと急行。すると、たどり着いた先は大邸だった。

どう考えても、今どきのギャルであるサチコとの接点が見受けられないその屋敷を見て、寅之助たちは悪い想像が膨らむ。しかし、そんな一同の前に現れたのは、ギャルの面影などみじんもない、清らかな格好をしたサチコ

ワケが分からずぼうぜんとする半平太らをよそに、“寅之助サチコを引き裂こうとする”が出演。だが、ピュア人たちのためにどうにかを貸してやりたい、と思った半平太とは、“ひと筋縄では飛び越えられない障”を取り除くべく立ち上がる…。

「サムライせんせい」で、“神木龍馬”の衝撃の女装姿が解禁!