先日配信した「周囲の迷惑を考えず平然と有給を取る人がいます」が大きな反響を呼んだ。コラム提供先のニコニコニュースでも660ものコメントが寄せられる結果に。“有給”というワードによって露呈した日本の労働環境が抱える闇の深さはいかばかりなのか、そしてその闇を明るく照らすことができる打開策はあるのか。探ってみた。

■有給=UMA状態!? の危機的状況

「有給とはいったいウゴゴゴ」(あきるですさん)、「有給?なにそれ」(トッキーさん)、「今まで有給なんてとったことないよ(社蓄)俺だって休みたいときに休みたいよなぁ~俺もな~(届かぬ願い)」(ショゴス(肉塊)さん)、「俺の部署、俺一人のみ。当然俺しか仕事の仕方分からん状況。誰かに教えたいけどヒトデガー状態なので有給取れず」(GOMAさん)

労働者にとって当然の権利のひとつである有給を使ったことがないという意見が悲しいほど多く見られた。彼らにとっては有給とはツチノコやネッシーなどのUMA(謎の未確認生物)的存在のようなものになっているのかもしれない。

■「有給を取るのは悪!」という時代錯誤な日本の風潮

「割と日本人って働くの大好きな体育会系が多いよね」(まっくさん)、「未だに有給取るのが悪みたいな考えがある日本の闇」(アセロラさん)、「やっぱ最近の日本はイカれてるわ。まっとうな権利を行使して文句を言われるとか異常すぎるだろ」(naonaoさん)、「有給を遠慮なく取れる時代になりたいものだ。日本ではもう無理だろうなぁ」(神風のパンダさん)

「休む=悪」という昔ながらの体育会系の考え方がまだまだ根強い日本の職場。世界に通用する最先端の技術力を持つ日本の労働環境は、いまだ昭和臭漂う24時間戦えますかの苛酷過ぎる環境なのである。そんな日本を支えているユーザーたちの嘆きが数多く見られた。

■申請しても、消化しなくても文句が

「自分『免許更新行くので有給ください』会社『免許更新ごときになんで1日有給とったの?』呆れた瞬間である、転職したけどね」(あまねんさん)、「有給ねー。申請したら拒否された上に罵詈雑言あびせられたなー。先月w」(春凪さん)

「最近は有給使わないと逆に言われることのが多いよ。定期的に使わないとまとまって取られたらもっと困るから」(Ginさん)「有給とか使ったこと無い。その前に休日出勤した振替休日を消化しろって言われる。振替休日が残ってても有給休暇とらせろよ」(時宗さん)

申請したらしたで、消化しないと文句や嫌味を言われる……まさに地獄の板ばさみである。しかし、その申請方法には問題はなかったのか。

■有給問題。解決のカギは取り方にあった!

「年末とかは気を使ってほしいとは思う。有給を上手く取ってくれてるなら誰も文句は言わない。取り方が下手なだけ」(ハリルリさん)、「会社の繁忙期や仕事の状況から空気読んで取るべきだろうね」(ケンタッキーさん)、「有給取るのは構わんが、その日の朝に突然はやめてくれ」(シンさん)「じゃあ再来週有給とります!って言っておけばみんなそれまでに仕事終わらせようと頑張るし、なにも問題なくなるんじゃね?」(ゆるさん)

きちんと社内の空気を読んで、事前に連絡するという常識的な方法で申請すれば文句は言われないはずだ。難しいようであれば、有給取得者の動きをチェックし、マネしてみてはどうだろう。申請のタイミング、仕事の進め方など参考になるに違いない。

■有給は使わねばもったいない!きちんと使うのが社会人!

「有給は使わねばむしろモッタイナイ」(つくもさん)
「有給使っておでかけして経済活動を行うまでが社会人です」(海驢さん)

諸事情により、有給バージンを頑なに守っている皆さん。そろそろ年末年始に向けてロスト有給バージン計画を練りはじめてみては。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

取るのも取らないのも悪?有給問題についてニコニコユーザーの見解をまとめてみた