インドネシアで、人間の代わりにワニが看守を務める、囚人収容施設ができるかもしれない。

では、ドラッグ関連の死刑囚の看守役としてワニを導入する計画を進めているようだ。同地の警察官は「囚人を逃げさせようと、ワニを説得することはできませんからね」と、脱獄不可能だと自信を示している。

インドネシア政府はドラッグ関連の犯罪に対して特に厳しいことで知られており、おかせたワニで囲まれた監用のの建設を予定しているそうだ。

前述の警察官は「々はできるだけ多くのクロコダイルを配置するつもりです。特にどう猛なタイプを探す予定です」と続けた。