DMM.comがサービス中のオンラインアクションRPG「ダンジョンストライカー」で,優勝賞金1000万円のタイムアタック大会「スピードスター決定戦」( 主催:一般社団法人e-Sports促進機構)の予選がついに開始された。専用のサーバーで開催されるこの大会,オンライン上で「漆黒の塔」のクリアタイムを競い予選を行い,その上位8名が来年1月末に行われる本大会へ進出することになる。
 今回は,予選の1回めを終え,事前に公式サイトで公開されていた大会のルールでは分からなかった詳細が見えてきたので,あらためてこれから予選に参加する人向けの手引きをお届けしたい。
 なお,予選は最終日となる来年2016年の1月11日まであと5回あるので,いまから始めても十分に間に合うタイミングだ。アクションゲームが得意な人なら,ダンジョンストライカーの本サーバーでプレイした経験がなくても入賞するチャンスがあるかもしれない。今回の記事を参考にぜひ挑戦してみてほしい。

リンク:スピードスター決定戦公式サイト
リンク:「ダンジョンストライカー」公式サイト


■回復ポーションは豊富なので多少強引に攻めてもよいが,戦闘不能は回避を

 大会の舞台となる漆黒の塔は,本サーバーでもプレイすることができるダンジョンだが,本大会では階層が3から2(本サーバーでは2階層と3階層)に短縮されている。共通で支給される装備が良質なのでザコ敵に苦戦することはなく,プレイ感覚は本サーバーとはかなり違ったものとなっている。基本的には本サーバーのものとは別物と考えたほうがいいだろう。


 基本ルールに関しては前回の記事で紹介したとおりだが,実際に予選に参加してみると,ルールだけでは分からなかった事実が見えてきた。
 まず使用できるポーションについてだ。予選で使用できたのは,HPを回復させる「特級治癒ポーション」と「特殊治癒ポーション」,MPを回復できる「特殊覚醒ポーション」の3種類のみとなっている。
 特級治癒ポーションはHPを3200回復するものを99個所持でき,特殊治癒ポーションは10個しか所持できないがHPの50%を回復できる。
 回復ポーションにはクールタイムが設定されているため連続で使用することはできないが,特級と特殊は別ポーション扱いのため,同時に使うこともできるのがポイントだ。数の少ない特殊のほうはピンチのときのためにできるだけ温存しておきたい。特級のほうは,クールタイムごとに使ってもランキング上位に入るタイムなら足りなくなることはないと思われるので積極的に使っていきたい。


 MP回復に関しては,ポーションの数が10個と少ないが,ボスの直前や階層をまたぐときに全回復するのでそれほど気にせずにスキルを使っていっても問題ないだろう。
 なお,タイムアタック中に復活することはできない仕様となっているので,タイムを残すには戦闘不能にならずに最後までクリアする必要がある。
 前述したとおり,装備として強力なものが用意されていることもあって,集めすぎて一斉攻撃を受けるような無理をしなければザコ敵にやられることはないだろう。注意が必要なのは,移動する電撃のトラップに挟まれて動けなくなってしまうことと,ボス戦で繰り出される即死級の危険な攻撃だ。とくにボス戦はタイムを縮めるために無理をしがちなので,攻撃方法を覚えてきっちり対策しておきたい。


 余談にはなるが,スキルリセットのアイテムは何回でも利用できるので,スキルの使い心地を調べたり,スキルビルドを研究する目的で大会専用サーバーを活用するのもよいかもしれない。


■広い第一階層は,操作すべきクリスタルスイッチの位置を覚えて挑め

 ここからは,階層別にタイムアタックのカギになるようなポイントを見ていこう。
 第1階層は,比較的広いマップとなっている。スタート地点から左右にあるクリスタルスイッチを操作して扉を開いてボス部屋まで進行していく。道中では大量の敵が湧くが,ガーゴイル[門番]以外はスルーして進むことができる。
 ただし,クリスタルスイッチの操作には時間が掛かるので,その近くで遠距離攻撃をしてくる敵はある程度排除したほうがスムーズになるケースも多い。
 なお,注意すべき電撃のトラップは,稲妻の祭壇を壊すことで発生を止めることも可能だ。あえて祭壇だけを狙って壊す必要はないが,ザコ敵を掃除するときに範囲攻撃で巻き込むようにするとよいかもしれない。


 道中で一番の難所になるのは,ボス部屋手前の稲妻の祭壇と大量のザコ敵が湧く場所だろうか。部屋の中央は稲妻に挟まれて動けなくなる危険があるので,奥の扉手前にあるクリスタルスイッチの場所まで行って,範囲攻撃を使ってザコ敵を一掃するようにしたい。ここには,ガーゴイル[門番]も出現するので,タフな門番に攻撃を集中しつつザコ敵を巻き込むようにするといいだろう。


 神鳴のカストルとのボス戦は,電撃による連続技が強力で,周囲の稲妻の祭壇からの攻撃が厄介だ。電撃の連続技が発動する前にはキャラクターの頭上に“!”マークが出現するので,必ず歩き続けて電撃を避けること。HPが半減した状態だと,一気に戦闘不能になってしまうこともあるので注意したい。


 稲妻の祭壇からの攻撃は,カストルが部屋の中央にワープしたあとに発生し,自キャラが吸い寄せられて周囲の祭壇から電撃が迫ってくるというものとなっている。時間の経過でアクティブな祭壇の数が増えていき,すべての祭壇が作動している場合,逃げ場がなくて即死級のダメージを受けてしまうこともある。安全に攻略するなら,マメに祭壇を殴って壊しておくのがいいだろう。



■エルスロン星幽体の即死級の全方位電撃攻撃は必ず回避しよう

 第2層で最初の部屋は,奥の扉前にいるガーゴイル[門番]だけ倒せば先に進める。撃破に時間が掛かるとザコ敵が集まってくるので,最速で門番だけを狙い撃ちしよう。


 2番めの部屋では,部屋内にあるクリスタルスイッチ四つを操作し,その都度出現するガーゴイル[門番]を撃破していく。ザコ敵も大量に湧くので,門番を攻撃しながら周囲の敵も巻き込んで数を減らさないと,次のスイッチを操作するときにジャマになる。ザコ敵にまぎれてダークエルフ暗殺兵という強い敵が現れるほか,ダークエルフ衛兵が地面に設置する攻撃もやっかいなので,ここは丁寧に敵を倒していったほうがよいかもしれない。


 二つの部屋を突破すると,最後のボスであるエルスロン星幽体が登場する。電撃を駆使した攻撃が厄介なタフな敵だ。基本的な戦い方としては,攻撃が集中するエルスロンの正面を避けて回り込みつつ殴り,攻撃方向を示すマーカーが表示されたら,攻撃範囲外から一気にダメージを与えていく。


 通常の攻撃は,ある程度耐えられるダメージなので無理しても大丈夫だが,エルスロンが中央にワープして四方から電撃が放つ攻撃には注意しよう。周囲からの電撃は,エルスロンに密着していれば当たることはないので反撃のチャンスとなるが,その直後の全方位の電撃攻撃は,避け方を知っていないとほぼ即死してしまう。この場面では,全方位の電撃攻撃時に表示される「赤いマーカーの上だけ」が全方位電撃攻撃の安全地帯となっているので,エルスロンの周囲を回るように動く赤いマーカーの上を渡り歩くのが唯一の対処法だ。


 漆黒の塔はもともとパーティ推奨のダンジョンであり,道中の強力なザコ戦も含めてスキルビルドを考えなければならないと予想されたが,実際に予選に参加してみると,ザコ敵との戦いはさほど苦にならず,ボス戦に集中した火力重視のスキルビルドが有効となることが分かった。道中は多くのプレイヤーがザコ敵との戦いを極力避ける方向になると予想されるので,ボスの対応がタイムを縮める重要なポイントになることは間違いない。
 ちなみに,筆者は第1回のタイムアタックでは10分台が最高のタイムだったが,ゲーム内の記録では7分台を叩き出しているプレイヤーもいたようだ。今後さらに研究が進むはずなので,さらにタイムは縮まるだろう。友だちと情報を共有しつつ,スピードスター決定戦の頂点を,そして多額の賞金獲得を目指してみてもらいたい。

リンク:「ダンジョンストライカー」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/152/G015273/20151207023/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・PC ダンジョンストライカー

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)EYEDENTITY GAMES INC. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2015 Aetas, Inc. All rights reserved.

「ダンジョンストライカー」優勝賞金1000万円をかけた「スピードスター決定戦」予選ついに始まる。実際のマップで分かった攻略ポイントとは