【C89】「デブライブ!」インタビュー 「刺されてもいいようにジャンプをお腹に仕込むか悩んだ」
KAI-YOU.net

晴天に恵まれた今年の冬コミ1日目。太陽も西日に傾き、午後3時をまわるころ。東ホールのトラックヤードで、ひとつのコスプレグループが“ファイナルライブ”を行いました。

【【C89】「デブライブ!」インタビュー 「刺されてもいいようにジャンプをお腹に仕込むか悩んだ」の画像・動画をすべて見る】

文・写真:松本塩梅

デブライブ!──みんなで叶える、もうひとつの物語


アニメ『ラブライブ!』に登場するアイドルグループ「μ's」のメンバー9人に扮する彼女たち。2015年の夏コミでデビューすると、一目見たら忘れられない“画力”の高さから一気に注目が集まりました。

今年の冬コミでもその人気は健在。午前10時過ぎからひっきりなしに撮影をされるほどで、一時はTwitterのトレンドにも「デブライブ!」が登場しました。



この日、最後の集合撮影を終え、「デブライブ!」としての活動に区切りをつけたメンバーたち。マイクの代わりに「食べ終えたフライドチキンの骨を置いて……」と、終始そのキャラクターを貫きました。

これまでの「デブライブ!」を振り返るべく、「さぁ! 終わったしご飯食べよう!」と息巻くメンバーから、南ことり役のあんりさん、絢瀬絵里役の苺田あんさんにお話をうかがいました。

デブライブ!『相撲ハレーション』でコラボしたい!

デブライブ!東1トラックヤードで15:00から囲み撮影いたします!これが今日最後になります!皆さん来てくださいね!#コミケ #C89 #デブライブ pic.twitter.com/RPzooAk15Q

— 柚咲ましろ✡デブライブ!穂乃果 (@yutatenyan) 2015, 12月 29


──「デブライブ!」9人が揃っての最後の撮影になりましたね。どういった結成のきっかけがあったのでしょうか?

あんりさん たまたま奇跡的に集まった9人なんです。きっかけは、番長(矢澤にこ役のせつなあやめさん)が「我こそはデブだと思う人、集まれ!」ってTwitterでおっしゃったことなんですよね。

マジ夏コミデブライブ検討しているのでご賛同いただけるLサイズ以上の我こそはデブだというぽっちゃりレイヤーさんご連絡待ってます…

— せつなあやめ@うしじまわるい肉(公式) (@setsuna_ayame) 2015, 6月 20



せつなあやめさんは有名なコスプレイヤーさんで、みんなが彼女をフォローしあっていたんです。それでメンバーが手を挙げて「もちろん自信を持ってデブです!」と、打ち合わせなしのガチンコで9人が揃ったんです。あ、すみません、手が止まりません(差し入れられたフライドポテトを食べながら)……これ、うまいっす!

──どうぞ、そのまま、食べながらで。

あんりさん それで、ケンカも揉めごともなく、集まってからやりたいキャラクターを決めていったんです。本当にメンバーの相性が良かったんでしょうね。みんなちょっとだけ自虐の精神があるので「笑わせようぜ、笑われようぜ」みたいな感覚だったから、うまくいったのかな。ちょっとでも「私、ぽっちゃりだから」とか「デブって言われたくない」という感じがあったら、たぶんうまくいかなかったと思います。

──今回の冬コミがデブライブ!にとって最後の「合わせ(一定の条件で揃ってコスプレすること)」とのことですが、衣装を『Snow halation』のコスチュームに決めた理由は?

苺田あん (差し入れられたウインナーを食べながら)夏コミの時に「冬はみんなでSnow halationじゃなくて相撲ハレーションしようね!」みたいに言ったのがきっかけです。

──ちなみに、年末の紅白歌合戦では本家のμ'sが出場を果たしていますが、何の曲をリクエストしたいですか?

苺田あん Snow halationやってほしいですよね。Snow halationと相撲ハレーションのコラボで面白いかなって。この冬ってとんでもねぇな、なんかどっかで見たぞ! でっかいのも見たぞ! みたいな(笑)。

デブライブ!から「南條愛乃さん、牛角に行きましょう!」

──紅白歌合戦といえば、μ'sメンバーの南條愛乃さんは膝の調子が思わしくなく、出場辞退となってしまいましたね。

あんりさん うちらも基本的にはダメージが膝に来るので、少なくとも気持ちがわかります。さっきの集合撮影でも最後にジャンプをしたんですが、あと2回くらい跳んだら誰かの膝がバーン!ってなるはず……私もちょっとヤバイかもしれない。



──お互いに膝は大事にしたいところですね。

あんりさん 本当に。私たちの場合はもう、膝が割れるか、地面が割れるかの戦いなので。今回はどちらも奇跡的に大丈夫でしたね。

──南條愛乃さんに、同じく絢瀬絵里役を演じる苺田あんさんからメッセージを贈るとしたら?

苺田あんさん 牛角行きましょ!(笑) 残念パーティしましょう。やっぱり嫌なことがあっても、おいしいものを食べたら元気が出ますから。えりちファンみんなで牛角行こう!

『ジャンプ』を腹に仕込むか悩んだデブライブ!

──実際にデブライブ!でコスプレをしてみて、印象深かったことはありますか?

あんりさん 本当に刺されなくてよかったなって。みんなでお腹に『少年ジャンプ』を仕込んで「刺されても大丈夫なようにしようか」って言っていたくらいだったので。私たちはラブライブ!でなくてデブライブ!だから、完全にまがい物で。

苺田あんさん そうそう、中国のパロディみたいな感じで。本当に夏コミの更衣室からもう怖かったもんね。

あんりさん ね! ぜったいにあとで後ろからヤられる! って思ってたのに、あんなに優しくみんなに認めてもらった……というよりは見逃してもらえてよかったなって。

あとは、ぽっちゃりしててコスプレができなかった人たちが、デブライブ!のことを見てくれて「勇気が出た」って言ってくれて。うちらがきっかけとかプラスになる要素があるなら、それはもう利用していただければと。

──衣装はすべて手作りですか?

あんりさん そうですね、基本的にはサイズがないので別注になっちゃたりとか、手作りしたりとか。私は友達の衣装屋さんに仕立ててもらっています。みんなネットでポチッても着られる体格ではないので……どこかしら丈を直したり、強度をつけたり。

──強度、ですか?

あんりさん 無理してギュッと詰めてしまって穴が空いたり、あとは服を買った時より体が大きくなっていたりとか、そういうのがあるので(笑)。基本的にはゴムみたいに伸びる素材で合わせるようにしていますね。

この9人だからこそのデブライブ!

──今日を迎えるに当たって特別に準備してきたことはありますか?

あんりさん 私は、人生初のエステに行きました! それも良いきっかけですよね。「どうせデブだから、エステなんか行ったって誤差だわ」って思っていたけど、こんなに人に見られるならちょっとくらいはキレイにしてもいいんじゃないかしら、と自分に投資できるようにもなって。

せっかく衣装をつくってもらったから、あまり食べないようにしよう、というきっかけにもなったので。私の場合、実は夏コミから体重を11キロ落とせたんです。

──11キロはすごい!

あんりさん 衣装を可愛く着たいというのがあったのと、ことりちゃんファンの方にやっぱりさすがに申し訳なくて、もうちょっと削りたくって。良いダイエットになりました。

──今回でラストライブになってしまいますが、次の展開は考えていらっしゃいますか?

あんりさん 私個人としては、もともとショーダンサーをやっているのもあって、これからもいろいろ続けていきます。みなさんは個別でコスプレなどをやってらっしゃるので、また気分が乗ったら集まって、再結成もあるかも。

──9人モノのアニメが出ることを祈っています。

あんりさん もしかしたら同窓会っていう形で、夏コミあたりにひょっこり現れるかもしれません。メンバーチェンジはしたくなくて、またこの9人がいいですね。

実はメンバーのほとんどは主婦で、結婚したり子供がいらっしゃったりする“いい大人”というのもあって、家庭の事情とかいろいろある中で、今回で一旦は区切ろうとなっただけなんです。だから、あとはまたみんなの時間が合ったら「やっちゃう?」みたいになって、突然告知があるかもしれません。

──いつかまたお会いできるその日を楽しみにしています。ありがとうございました、お疲れ様でした!
全文を表示