ナリナリドットコム

12月29日放送のバラエティ番組「ぶっこみジャパニーズ 大好評につき第5弾!世界中のニセジャパン年末一斉大掃除SP」(TBS系)に登場したスコットランドのラーメン店が、その内容について“演出”であることを強調し、店のFacebookで釈明している。

「ぶっこみジャパニーズ」は、海外に広まっている間違った日本文化をただすことを目的に、日本の専門家やプロを送り込むバラエティ番組。今回は英国の若者の間でとんこつラーメンが大ブームとなっている中で、「日本食の名を騙りとんでもないラーメンを出す驚愕のニセラーメン」を見つけてしまったと、スコットランドにあるラーメン店「Maki&Ramen Sushi Bar」を取り上げた。

番組では同店について「ニッポンのニセラーメンを提供している」「海外版食べログの評価では『ショック!こんな店二度と行かない』『とにかく不味い』『スープに味がしない!これで1杯1700円は詐欺!』」と紹介し、「このままではニッポンが誇るラーメンが汚されてしまう。そんなニセラーメンに鉄槌を下す」ために、“ラーメン界の女番長”こと「麺家うえだ」(埼玉)の上田みさえさんを派遣し、“素人がラーメン店へ転職するため同店に修行に来た”という設定で潜入、調査を行う――との流れが組まれた。

そして同店で試食として提供されたのが人気No.1メニューだという「とんこつブレックファストラーメン」。具材にハッシュポテト、酸っぱい豆、麺に絡まるなぞの白い液体(※後にヨーグルトと判明)、豚の血で作ったソーセージなどスコットランド定番の朝食メニューをレイアウトしたラーメンで、ナレーションは「謎のトッピングを6種類も並べやがった」。

また、1杯の価格は2,100円とかなり高額だが、使用している麺は韓国のインスタントラーメン「辛ラーメン」の乾麺で、とても価格に見合わない代物。ちなみに調理シーンでは“リンス”と称し、茹でた乾麺を冷水で洗ってぬるぬるをとり、水切りすることなく丼に入れる様子なども紹介された。

番組は口悪く煽るナレーションと共に終始「Maki&Ramen Sushi Bar」をバカにしたような構成。視聴者は「海外にはひどいラーメン屋が云々…」との印象を抱かざるを得ない内容だった。

そんな放送を受け、同店は番組内容についてFacebookで言及している。

それによると、まず、番組の内容はあくまでもエンターテインメントであり、ドキュメンタリーではないこと。そう同意の上で協力した代わりに、日本の焦がし醤油ラーメンのレシピを教えてもらったのだという(※番組内では味噌ラーメン)。そしてインスタント麺は使用していないこと、さらには「とんこつブレックファストラーメン」は番組のために用意したメニューで、店で販売しているメニューではないことなどを明かしてる。

ちなみに、これらの筋書きに同店は一切関与しておらず、ディレクターの指示に従って行ったものとのこと。同店としては、日本のテレビ番組が視聴者を楽しませる娯楽番組を作りたいと考えていることは理解しており、だからこそエンターテインメントとしての“演出”に協力したようだが、結果として“演出”は多くの視聴者が「海外ラーメンの現実」と受け取ってしまった可能性があることに困惑しているようだ。
全文を表示