ウレぴあ総研

2015年もあと少しで終わり。年末年始の騒がしさが落ち着くと、いよいよ冬アニメのシーズンが始まりますね!

アニメライターが決定! 2015年「ベストアニソン」10曲

すでに各作品の公式サイトで公開されている「あらすじ」を読んでどんな作品なのか想像したり、公開されているプロモーション映像を見てワクワクしたり、なかにはアニメ化で原作から変更されたポイントが気になって眠れない夜を過ごしている人もいることでしょう。

とはいえ年末年始の忙しいタイミング。しっかりとアニメの情報をチェックできていない人も多いのではないでしょうか。もしかしたら、情報を見落としている作品もあるかも。

というわけで、今回もアニメ大好きライター・haruYasy.が独断と偏見(と趣味)で選ぶ、2016年1月スタートの冬アニメおすすめ作品ベスト10をお届けしていきますよー!

イチオシの1本!十文字青『灰と幻想のグリムガル』

放送情報:2016年1月10日24時30分からTOKYO MX、1月13日26時44分からABC朝日放送など

ライトノベル作家・十文字青さんの同名ライトノベルをアニメ化した『灰と幻想のグリムガル』。気がついたら異世界に居たという少年少女たちの冒険を描いた作品で、主人公・ハルヒロもそのひとり。場の流れで仕方なく「義勇兵」と呼ばれる冒険者となり、同じ境遇の仲間たちとパーティーを組んで、まるでゲームみたいな世界を生きていくという物語が描かれていきます。

キャラに何か恨みでもあるのかと言いたくなるほどに苦境に苦境を重ねていくスタイルで、「たとえメインキャラであっても容赦なく死ぬ」という某シナリオライターに近しいものを感じる十文字青さんのファンタジー世界は、初めて触れる人にとってはかなり新鮮に感じるかもしれませんね。落ち着いた雰囲気を持ち……頼れるリーダー的存在……第3話……うっ、頭が。

原作となるノベル『灰と幻想のグリムガル』を愛読している身としては、会話や独り言、心のなかの愚痴の描写が多いところをどのようにまとめているのかも気になりますが、主要キャラのひとり「ランタ」の読んでるだけでも殺意が湧いてくるウザさがどのように映像化されているのかを楽しみです。

正直に言えば「『薔薇のマリア』もアニメ化してよ!」とクレームを入れたいところですが、「それはそれ」と嘆きながら放送を見守って行きたいと思います。

だがしかし

放送情報:2016年1月7日 深夜2時16分からTBS、同日深夜3時30分からCBC、1月8日夜11時30分からサンテレビなど

同名マンガを原作とする『だがしかし』。片田舎にある小さなボロ駄菓子屋「シカダ駄菓子」の息子・鹿田 ココノツと、大手菓子メーカー「枝垂カンパニー」の令嬢・枝垂 ほたる(巨乳)のふたりを主人公に、駄菓子への愛ゆえに巻き起こる“仁義なき戦い”が描かれていきます。

なんといっても本作の魅力は“お菓子バカ”すぎる姿が可愛いヒロインのほたるちゃん。もしリアルにいたら「なんやコイツ……」とドン引きするレベルで駄菓子愛を語る姿はとても真っ直ぐで真摯。「うんうん、そうだね」と優しく見守りたくなります。そして巨乳。

すでにプロモーション映像が公開されていますが、それを見ると各メーカーの協力を得られたのか「うまい棒」などのパッケージがそのまま登場しており、昔ながらの駄菓子屋を懐かしみながら楽しめそうで安心しています。「うめえ棒」とかじゃ雰囲気ぶち壊しですし。

「駄菓子屋」という存在を知らない人にはいまいちピンとこないかもしれませんが、30円の謎ジュースを買いに行った少年時代を思い出しながら楽しみたいと思います。

紅殻のパンドラ

放送情報:2016年1月8日25時40分からTOKYO MX、1月10日24時からチバテレ・テレビ神奈川・テレ玉など

日本を代表するSFマンガとして、海外でも人気を得ている『攻殻機動隊』。その原作者・士郎正宗さんが原案を担当し、『攻殻機動隊』の設定や世界観を汲んだ近未来SF作品。

まるで「ドール」のような全身義体を持つ主人公の少女・七転福音と、ネコ耳メイドというあざといコスチュームに身を包んだアンドロイド・クラリオンのふたりが主人公となっており、本家の硬派な雰囲気とは違ったゆるめのテイストで構築された物語が描かれていきます。

制作を「結城友奈は勇者である」で注目を集めた「Studio 五組」が手がけるのも楽しみなところで、電脳空間の描写や激しい銃火など、『攻殻機動隊』らしいサイバーな戦闘描写に期待しています。

あえて言おう…いつもの京アニです

無彩限のファントム・ワールド

放送情報:2016年1月6日24時からTOKYO MX、同日26時05分からテレビ愛知、同日26時14分からABC朝日放送など

恋をしない中二病ですか?いいえ、いつもの京アニです。人気アニメスタジオ「京都アニメーション」の新作は、人々が幻だと思っていた存在「ファントム」と戦う少年少女たちの姿を描いた同名ライトノベルを原作とする『無彩限のファントム・ワールド』。

どんな作品なのかという部分は先日公開された第2弾PVで完璧に紹介されているので、ぜひそちらをご覧頂きたいところ。しかし、それでは仕事を放棄することになってしまうので、あえて言わせてもらうとすれば……いつもの京アニです。

シリアスもあり、青春もあり、そしてギャグもある。初めてとなる下野紘さんと上坂すみれさんという組み合わせで、どのような化学反応が生まれるのかに注目しています。

僕だけがいない街

放送情報:2016年1月7日24時55分からノイタミナ(フジテレビ)など

『僕だけがいない街』は“再上映(リバイバル)”という、マイナスの事象を回避しようと強制的にタイムスリップしてしまう能力を持つ“売れない漫画家”の青年・藤沼悟が、身近で起こった“ある事件”をきっかけに、過去に起きた「連続誘拐殺人事件」の犯人を捕まえようとする奮闘する姿を描いたミステリー・サスペンス。

簡単にあらすじを紹介したいなと思ったのですが、それすらも重大なネタバレとなってしまいそうですし、「ミステリー」というジャンルであることを考慮すると、あえて触れずにいった方が良いかなと思っています。

ただ、本作は「殺人」「誘拐」「虐待」など、かなりダークなキーワードがならび、当然ながらそれらの描写も含まれています。そしてPVからも伝わるとおり、色使い灰色が多く、全体的にやや重めの雰囲気を纏っています。

そのためにかなり好き嫌いの分かれる作品となりそうですが、まだ原作に触れていない人ほど楽しめる作品だと思うので、気になっている人はじっくりと読み解くようにアニメを楽しんでほしいなと思います。

ブブキ・ブランキ

放送情報:2016年1月9日夜10時からTOKYO MX、同日夜11時からAT-X、同日深夜1時30分からKBS京都など

本作は『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』などで注目を集めているCGに強いアニメスタジオ「サンジゲン」の10周年を記念して、KADOKAWAと強力なタッグを組んで製作されているオリジナル作品。

鍵となりそうなのは「心臓」「右腕」「右脚」「左腕」「左脚」という5つのパーツに分けられた“ブブキ”と呼ばれるもの。それらを手にした少年少女たちが異能の力で戦うということはわかりますが、公式サイトで公開されているイントロダクションが、はっきりと明言することを避けるような言い回しばかりで、本作の詳細はいまいちピンときません。なんとなく「あ~、そんな雰囲気なのね」という感じ。

そもそも『ブブキ・ブランキ』ってなんだ!? 「サンジゲン」ならではのフルCGアニメということも楽しみのひとつですが、このオリジナル作品ならではのフタをあけるまで中身がわからない感じ。気になる!

ギャルが主役のアニメってマジで?

ナースウィッチ小麦ちゃんR

放送情報:2016年1月10日午前2時25分から日本テレビなど、同日からHulu、日テレオンデマンド、niconicoでネット配信

2002年から2005年にかけてOVAとして展開された『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』をベースに、キャストや設定をリニューアルして帰ってきた!それが『ナースウィッチ小麦ちゃんR』。

発表直後はメインヒロインの小麦ちゃんを演じる声優が、桃井 はるこさんではなく巴 奎依さんに変更されているところに注目が集まり、旧作を知る人たちからは「小麦ちゃんがモモーイじゃない!?」と小さくない衝撃が走っていたようですね。

新しく小麦ちゃんを演じる巴 奎依さんはアニメへの出演は少ないですが、アニメに対する愛は非常に強い印象。桃井はるこさんという大先輩の持ちキャラを引き継ぐというプレッシャーに負けずがんばってほしいところ。

ちなみに桃井さんは小麦ちゃんと同じ名字を持つキャラクター・吉田小春の声優として出演するそうですよ。どんな風に登場するのか楽しみですね。

亜人

放送情報:2016年1月15日25時55分からTBS、同日26時10分からMBS、同日26時43分からCBCなど

死んでも死なない、不死身。人であって人でない新種の人類『亜人』。そんな存在は「どこか違う世界の話」とでも言いたげに、日常を普通に過ごしていた少年・永井 圭が主人公。

ある日、トラックに轢かれるという交通事故で死亡。したはずでしたが、それがきっかけとなって、自分が「亜人」であることが判明。さまざまな人々から国家規模で追われる生活が始まり、「亜人」という存在が持つ“特殊な力”を使って、困難と思惑に立ち向かっていくという物語が展開されます。

本作の総監督は瀬下寛之さん、監督は安藤裕章さんが担当。制作は「ポリゴン・ピクチュアズ」。2014年、2015年にわけて展開されたアニメ『シドニアの騎士』で高い評価を得たチームが製作するとなれば、これはもう期待するなってのが無理な話です。戦闘シーンの描写だけでなく、日常的な細かい仕草や表情にも注目ですね。

原作マンガはいまのところ7巻まで販売されており、掲載誌「アフタヌーン」のウェブサイトで第1話の無料配信が行われています。作品の雰囲気がつかめるので、未読の方は試しにチェックしてみると良いでしょう。

おしえて! ギャル子ちゃん

放送情報:2016年1月8日22時30分からAT-X、同日23時からTOKYO MX、1月10日25時からBS11(ウルトラスーパーアニメタイム枠)

ギャルが主役のアニメがあるって本当ですか? はい、そのようです。KADOKAWAのウェブコミック「Comic Walker」で連載されている同名ウェブマンガを原作とする『おしえて! ギャル子ちゃん』。

ギャルだけどウブな「ギャル子」、天然系お嬢さまの「お嬢」、少しひねくれたオタク女子「オタ子」という、タイプの違う3人の女子高生を中心にちょっとした疑問を解消してくれる日常マンガとなっており、「あるある」なネタからちょいエロなネタまで、幅広いネタを可愛らしく解決(?)していく作品です。

2015年1月29日から1月31日まで、「コミックマーケット89」の会場や全国の赤十字血液センターで行われる「献血応援イベント」のプレゼントポスターにも採用されているので、ファンのみなさんは血をギャル子ちゃんたちに捧げにいきましょうね。

SUSHI POLICE/スシポリス

放送情報:2016年1月6日25時からTOKYO MX、1月7日よりniconico、amazonプライムビデオなど

「間違った寿司は許さない!」と、世界中で生み出されている「自由な発想で作られた正しくない寿司」を取り締まる政府機関に所属する3人のエージェント「ホンダ」「カワサキ」「スズキ」たちが、海外の寿司レストランを取り締まっていくという……もはや設定だけで面白い作品。

元々は日本が「日本料理」を正しく世界に広めようとしたプロジェクト「海外日本食レストラン認証制度」に対する海外からのバッシングにあった「スシポリスが来るぞ!」という皮肉をモチーフにしているアニメーション。

テレビ放送としては「TOKYO MX」のみとなるようですが、ネット配信が充実しているので、放送地域外でも楽しめるでしょう。

全文を表示