信長、秀吉、家康。誰を好きかであなたの性格が分かる!?
教えて!goo ウォッチ

正月休みはもっぱらテレビ鑑賞を楽しんでいるという人も多いのではないだろうか。テレビ東京系では2016年1月2日に新春時代劇『信長燃ゆ』が放送予定。日本の歴史上、最も有名な人物の一人と言っても過言でない織田信長が、今作ではどう描かれるのか楽しみだ。
ところで、信長と並ぶ高い人気を誇る戦国時代の大名といえば、豊臣秀吉・徳川家康といったいわゆる「三英傑」。実は、この三名のうち誰を好きかということでその人の性格が分かるのだという。

「教えて!goo」「日本の歴史上の人物で『信長・秀吉・家康』では誰を一番好きですか?」という質問には、
「織田信長です。理由は、天下統一を目前に最大の信頼を寄せていた部下に裏切られ死亡したというドラマチックな展開も魅力的なのですが、やはり新しいことを始めたことが大きいです」(007yuukiさん)、「秀吉です。何と言っても百姓から頂点に登りつめたのです。努力は並大抵ではありません。人間的な魅力、商才、戦略などどれも優れています」(mat983さん)、「家康が一番好きですねぇ。理由は一番苦労人だからです」(mdas1192さん)などの回答が寄せられた。

■誰を好きかで自分のコンプレックスが浮き彫りに!

心理学者の内藤誼人先生によると、

「心理学では、自分に足りないものに惹かれるという心理があります。これを『補償』といいます。したがって、かなり乱暴な分類をすれば、
信長ファン=権力、強さ、大胆さなどの欲求があるわけですが、実は心が弱く、優柔不断な人。
秀吉ファン=知性への欲求と考えれば、学歴コンプレックスがあったり、物覚えが悪い人。
家康ファン=忍耐への欲求と考えれば、本能的に行動しちゃう人とか、そそっかしい人。
になるかと思います。もちろん、例外はいくらでもあると思いますが」(内藤先生)

とのこと。いかがだろうか? ちなみに筆者は信長派。気が強そうに見られるが、実はとっても小心者。う~ん、当たってる……かも?

■心理学で分析。三英傑の性格に迫る!

強い志を持ち、戦乱の日本を天下統一へと導いた三英傑。ホトトギスの歌に代表されるように、三者三様の性格だったといわれるが、真の統治者としてふさわしい性格の持ち主は心理学的な観点からは誰になるのだろうか。

「家康です。本当に良いリーダーは、家臣の声に耳を傾けられる人でなければなりません。南カリフォルニア大学のウォーレン・ベニスによると、毛沢東、スターリン、ナポレオンといった、強烈なリーダーシップのある人物は、実は、ものすごく『有害なリーダー』なのだそうです」(内藤先生)

カリスマ性を持つが、家臣に裏切られてこの世を去った信長。成り上がりのため譜代の家臣が一人も居らず、信頼できる人間は少なかったという秀吉。対して家康は古くからの家臣に恵まれ、彼らの諫言にも耳を傾けたと言われている。結果的に、家康が開いた江戸幕府はその後260年以上も続いた。
また、史実は別として、心理学的に見て最も長生きしやすいタイプは誰なのかについても聞いてみた。

「信長は気が短くて、心理学的にはタイプAと呼ばれる人物なので、心筋梗塞などで早く亡くなると思います。秀吉と家康は差がないかな」(内藤先生)

三名の性格に関しては諸説あり、実際のところは分からないが、興味深いこの結果。親戚や友人たちとの集まりなどで、ぜひ披露してみてはいかがだろうか?

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

(ライター:酒井理恵/イラスト:Fumie Sato)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

全文を表示