Photo by Nappiness
デイリーニュースオンライン

 2016年の正月も、小売りや飲食店など各社が趣向を凝らした福袋を発売した。そのなかでも、毎年人気を集めているものの一つが、「スタバ」の愛称で知られるスターバックスの福袋だろう。

 福袋が人気となる理由は、「欲しいものが安く買えるから」とは限らない。転売して利益を稼ごうとしている輩が多数存在するのも現状だ。特に、2016年のスタバ福袋においては、目に余る大量買い占めやヤフオクでの高額出品が話題になり、問題視されている。

スタバ福袋を大量購入した人物、本人特定される

 東京・二子玉川のスターバックスでは、1月2日、朝7時から福袋の販売を開始した。二子玉川店では福袋を108個販売したのだが、そこで悲劇は起こった。なんと、先頭に並んでいたグループが全部買い占め、2番手グループ以下の人たちがまったく買えなくなってしまったのだ。

 スターバックスの店舗の中には「一人3個」といった具合に個数制限を行ったケースも見られたが、二子玉川店においては個数制限はナシ。これにより、“爆買い”されてしまったのだ。

 騒ぎはここで収まらない。福袋を買い占めたと思われる人物はInstagramで購入の様子を報告していた。そのため、買い占めた“犯人”が特定される事態となったのだ。

 購入完了後には「お年賀として配らせていただきます」とのコメントを残していたが、その言葉を信じた人がどれだけいただろうか。

「どうせ転売だろ」
「“プロの犯行”としか思えない」
「まるでダフ屋」

 と疑い、非難する声が殺到した。現在、当該人物のアカウントは削除済みで閲覧できない。

 その後、オークションサイト「ヤフオク!」には、大量の福袋の出品が見られた。1月5日現在でも、2000件を超えた出品数だ。「抜き取り有」「抜き取り無」というキーワードも見られるが、出品者が使うものだけ抜き取り、要らないものは不用品として出品している例も見られる。

 2016年のスタバ福袋は大が6,000円、小が3,500円だったが、定価を大幅に上回る即決価格を設定しているアカウントも見られる。

「同じアカウントでいくつもの商品も出品している例もあり、スタバで福袋が買えなかった人を愚弄している。二子玉川店の対応はあまりになってなく、改善の余地がある」(流通関係者)

 福袋を買う側のモラルが非難されたのはもちろんだが、「お店の対策が甘い」「スタバのイメージが下がってしまう」と、二子玉川店に対しても厳しい批判が絶えない。買い占めの蛮行を行った人物は組織ぐるみのようだが、ならば販売する側は厳しい対策をしてほしいものである。

(文/春山修司)

春山修司ネットニュースを中心に執筆するライター。社会、文化、芸能、スポーツなどほぼオールジャンルを網羅する
全文を表示