110105okada2.jpg 民主党の岡田克也幹事長は2011年1月5日、ニコニコ生放送のインタビュー番組に出演し、小沢一郎・元代表の「政治とカネ」をめぐる問題や記者会見のオープン化について語った。「政治とカネ」問題に関して、小沢元代表は衆議院の政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を表明しているが、岡田幹事長は「政倫審もフルオープンでやるのが一番いいと思う」と持論を述べた。

 「政倫審フルオープン化」発言は、番組に出演したジャーナリストの江川紹子さんの質問がきっかけだった。江川さんが、

「岡田さんは番組の最初に『ニコ動は編集しないで全部流すのでいい』ということをおっしゃっていましたが、(大手メディアの)編集の仕方に一定の意図を感じられるということはありますか?」

とたずねると、岡田幹事長はこう答えた。

「それはありますね。しょっちゅう文句を言っていますよ(笑)。30分しゃべって数分にまとめるわけですから。いいところだけつなぎあわせるということは、メディアではありますよね。ですから、私は、政倫審もオープンでやったらいいと思います。制度上はオープンにしなくてもいいんですが、オープンにした例もありますから。そんなに長くやるわけじゃありませんし、何時間か全部、フルオープンでやるのが一番いいだろうと思います」

 このようにマスメディアの「編集」の問題点を指摘しながら、政倫審のオープン化を唱えた。

■ 「記者会見オープン化には、コストやエネルギーが必要」

 オープン化といえば、記者会見の開放についての発言も出た。岡田幹事長は、2009年9月の政権交代で外務大臣になった直後に「記者会見オープン化」を進め、その後の首相会見や各大臣会見の開放に道を開いた。

 そんな記者会見オープン化の"パイオニア"である岡田幹事長に、ビデオニュース・ドットコム代表の神保哲生さんが「まだ相変わらず開いていない役所があるが、大臣が開けられないのはなぜですか?」と質問。それに対して、岡田幹事長は

「それぞれの大臣や役所が、この問題にどれぐらい重点を置くかということではないか。ただ、この1年半で(記者会見オープン化が)だいぶ浸透してきましたよね。だから、どこかの段階で『みんな同じようにやれ』という号令が出てもいいタイミングがくるんじゃないか」

と述べ、さらに記者会見オープン化が進むとの見方を示した。一方で、

「既存メディアから見れば、ある意味で自分たちの特権が失われることなので、それを乗り越えるには、それなりのコストもエネルギーもいりますよね」

と既存メディアの"抵抗"が並々ならぬものであることも明らかにした。

(文・亀松太郎/写真・小川裕夫

※ニコ生特番!民主党 岡田克也​幹事長 2011年を語る!!(「政倫審オープン化」について発言したシーン)
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv35959490#16:20