『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』公式サイトより。
おたぽる

 解散・分裂危機が連日報じられているSMAPで、唯一事務所に残るとされてきた木村拓哉が、“解散を阻止するためタイムリープをしている”という、とんでもない説が浮上している。

 そのような説がささやかれるようになったのは、急遽放送内容を変更した18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が発端。そこで生出演したSMAPの5人はそれぞれコメントを発表し、活動を継続していくことを明らかにした。

 放送を受けてネットではSMAP存続に喜びを爆発させるファン、その一方で憔悴しきったメンバーの謝罪に「公開パワハラだった」などと声を上げる者などが殺到。“バルスでも落ちなかった”Twitterのサーバーが一時落ちるという事態も発生した。そんな中、浮上したのが、木村拓哉の“解散を阻止するためタイムリープをしている”説というわけだ。

 生放送で最初に口を開いた木村は、「今日は2016年1月18日です」とはじめ、「今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて、皆さんにご報告することが、何より大切だと思ったので、本当に勝手だったんですが、このような時間をいただきました」と切り出した。

 その後、ネットに上がった声を紹介していくと、

「やっぱキムタクがタイムリープを繰り返している説が濃厚だよね?そうじゃなきゃ『今日は2016年1月18日』なんてわざわざ言わない どうしても何をしてもSMAPが解散してしまう、何度も時間と空間を超えてきたキムタクにはもう、時間の概念がなくなってしまったんだ……」
「キムタクはSMAPの解散をタイムリープで阻止していた。こうなることをわかっていて、事務所に楯突かず上に好かれるように努力をしていた。そしてやっとn回目でSMAPの解散を防ぐことができた。そこで、キムタクはタイムリープをやめた」
「たぶんキムタクはSMAP解散の運命を回避する為にタイムリープを幾度も繰り返してきたから歌も演技も上手くなったんだと思う」
「やっぱりなキムタクならできるとおもってたよ タイムリープ」

 と、木村の“タイムリープ説”を唱える声が多数見受けられる。

 ネットの声を見てみると、木村が最初に日付を切り出したことが、「まず年月日を言ったのは、自分が今いつの時代にいるのか再確認している」と、またメンバー内で唯一事務所の残留を決めていたことにも「未来を見てきたからか……」などと憶測が広がっている模様。

 さらには、「タイムリープするたびに中居くんの声が犠牲になる」「何度タイムリープしても草なぎの全裸は防げない」「森くんの脱退は阻止出来ない」「TOKIOがタイムマシンを作っている」と憶測は飛び交うばかり。もちろんこれはネタで、到底ありえない話ではあるのだが、ネットでは「SMAP解散を阻止するためにキムタクだけが何回もタイムループしてる説を推していくぞ」と大ウケしている状態だ。

 また、タイムリープと言えば、『魔法少女まどか☆マギカ』『時をかける少女』『ひぐらしのなく頃に』『STEINS;GATE』『Charlotte』といった作品を思い出す人も多いようで、「まどマギのほむらみたいな……キムタクは魔法少女だった…?」「シュタゲ近いなと思ってたけどひぐらしといえなくもない」「キムタクタイムリープ説は『タイムリープを続ければいずれ救われる時がくる』まどマギ派と『何度タイムリープしたところで未来は収束し、結果を変えるには世界線を移動する必要がある』シュタゲ派に二分される」といった声も続々と上がっている。

『まどマギ』で例えるなら、暁美ほむらが木村で、鹿目まどかが中居正広、ジャニーズ事務所がワルプルギスの夜といったところだろうか……といろいろ考えさせられるが、実際、「ユニットの解散を阻止するため、アイドルがタイムリープする」という話があったらSMAP抜きにしても面白そう。ぜひ、虚淵玄氏に手がけてもらいたいものである。

全文を表示