マイナビ学生の窓口

最近よく聞く「意識高い系」。大学生の間でも、就活に熱心で将来のことをしっかり見据えているという真の意識高い系から、アクアパッツァを囲んでホームパーティーをするとか、リスクヘッジやコンセンサスなどカタカナ用語を使ってデキる気になっているような人のことなど、幅広い意味で使われていますよね。実際、大学にはどんな“意識高い系"がいるのでしょうか? 大学生を対象に聞いてみました。

■あなたが目撃した「意識高い系」の大学生について教えてください。

●勉強に対して意識高い

・最前列で講義を聴いている(愛知県/大学1年生/男性)

・長期休暇中でも図書館で勉強をしている人を見たとき(東京都/大学4年生/男性)

・参考書多く買って、勉強頑張っていると思ったら実際は読んでいなかった(東京都/大学院生/男性)

・授業関係の話ばかりする(千葉県/大学2年生/男性)

・ゼミのレポートの完成度が異常に高い(東京都/大学4年生/男性)

勉強しているフリをしているのと、本気で取り組んでいるのとでは大違い。前者は見栄えを気にする“意識高い系"かも知れませんが、後者の真面目な人も同じくくりにされたら、ちょっと迷惑かもしれませんよね。

●学外活動・プライベートが意識高い

・やたらと話題のカフェに行きたがる(大阪府/大学4年生/女性)

・学校のメンバーがつまらないから、学生団体のイベントなどに参加していた(千葉県/大学4年生/男性)

・ボランティアやインターンなどを積極的に行っている人(京都府/大学院生/男性)

・長期休みに全て自分で計画を立てて留学していた(千葉県/大学4年生/女性)

・インドに行った話を聞いてもないのにしてくる(埼玉県/大学院生/男性)

学校の外でどんなライフスタイルを送っているかで、その人の特徴が見えてきます。ボランティア、インターンは、とかく意識高い系とみなされる傾向が強いようです。

●アイテムが意識高い

・授業で一人だけパソコンをしている人(福岡県/大学3年生/男性)

・たいして使ってない、使いこなせてないのにMac Bookを持ち歩く(京都府/大学3年生/女性)

・スタバで待ち合わせをしたとき、なぜかMacを持参していた。レポートでも書いているのかと思ったら、ツイッターしていただけだった(愛媛県/短大・専門学校生/女性)

・コーヒー豆を取りよせて、自宅でコーヒーを入れている(福井県/大学2年生/女性)

“意識高い系"の必須アイテムと名高いMac Book。シップスの店員ライクなシンプルなシャツにカーディガンのスタイルで、スタバの窓際でカタカタやれば、インテリア&ファッション雑誌のインタビュー記事風のオシャレな自分を演出できそう。

●思想・考え方が意識高い

・周りに聞こえるように今の政治について話している人(茨城県/大学院生/女性)

・自己啓発イベントによく参加する(北海道/大学3年生/女性)

・フェイスブックで社会批評をする(神奈川県/大学院生/男性)

・起業したいとか言う(兵庫県/大学3年生/男性)

主義主張を持ったり、自分磨きをすることは決して悪いことではありません。けれど、自分の考えを押し付けてきたりするとちょっと嫌ですよね。

●SNSが意識高い

・ツイッターのプロフィールで趣味などをスラッシュで区切る(東京都/大学3年生/女性)

・facebookで学生イベントを企画している(神奈川県/大学院生/女性)

・やたらとツイッターに自分のがんばったことを呟く(東京都/大学4年生/女性)

・SNSでは社会問題についてもハッキリと持論を展開するキャラだったのに、実際に会ってみたら、自分の意見を簡潔に話すこともできず、的外れな返答をする学生だったとき(千葉県/大学4年生/女性)

自己発信の場であるSNSも、自己肥大の場になっては、見ている人も辟易してしまいます。とは言え、その線引きが難しいのもまた事実。

いかがでしたか? 今回は、いろいろな意識高い系が集まりました。やはり、本当に意識が高く、目標を据えて頑張っている人から、なんちゃって意識が高い人まで、幅広く「意識高い系」と認識されているようですね。あなたは、意識高い系と聞くとどういう人を思い浮かべますか?

文●ロックスター

マイナビ学生の窓口調べ

調査日時:2016年1月6日~2016年1月12日

調査人数:大学生男女405人(男性204人、女性201人)

全文を表示