本郷猛として45周年記念映画の単独主演を務める藤岡弘、 - (C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
シネマトゥデイ

 俳優の藤岡弘、が特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの生誕45周年を記念する新作映画『仮面ライダー1号』(3月26日公開)で、仮面ライダー1号=本郷猛として単独主演を務めることが明らかになった。同時に、力強いフォルムへとデザインを一新した仮面ライダー1号と、新たな愛車ネオサイクロンの実写ビジュアル、さらに特報動画も公開された。

映画『仮面ライダー1号』オフィシャルサイト

 69歳にして仮面ライダーとして主演を務めることになった藤岡は、「まさか45年を経て主演ができるなんて思わなかったな。お話を聞いたときは血が騒ぎましたね」と感慨深げ。「当時どういう気持ちで取り組んだのか原点を振り返りました。そのときの想いをもう1回投入しようと思ったんですね。当時見ていた人を失望させたくないですからね」と作品への思いを真摯(しんし)に語る。

 映画では、悪の秘密結社ショッカーによって改造人間にされてから45年、人間の自由を守るため海外で戦い続けてきた猛が、ショッカーに狙われる一人の少女を救うために帰国し、仮面ライダーゴースト=天空寺タケル(西銘駿)や、その仲間たちと共に悪と戦う姿を描く。

 藤岡は、世界各地でボランティア活動を続ける中で感じた「命の尊さ」を子供たちに伝えるため、企画段階から本作に参加。約5か月をかけて製作陣と共に脚本を作り上げた。最後は徹夜で作業に取り組んだといい、「それだけこの作品に真剣なんですよ。これからの日本を、そして世界を背負っていく子供たちに伝えたいですね」と語っている。

 さらに藤岡は、「映画では生のアクションも見ものだと思いますよ。いろんなものが進化してパワーアップしているからね」と自負。45年の時を経たパワフルなアクションにも注目だ。企画の経緯について東映の白倉伸一郎プロデューサーは、「仮面ライダー」撮影当時、藤岡がバイク事故で全治6か月の重傷を負い、一時番組から抜けざるを得なくなったことを挙げ、「テレビでは成しえなかった本郷猛の単独主演を全うして欲しかったという思いがあり、今まで一度もなかった『仮面ライダー1号』を映画で観たいと思ったんです」と説明している。(編集部・入倉功一)

映画『仮面ライダー1号』は3月26日より全国公開

全文を表示