安田顕、主演映画初日も山手線でご出勤!
Movie Walker

演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーでもある安田顕が主演を務めた映画『俳優 亀岡拓次』の初日舞台挨拶が1月30日にテアトル新宿で開催され、安田をはじめ、麻生久美子、原作者の戌井昭人、横浜聡子監督が登壇。「渋谷から山手線で来た」と会場を驚かせた安田が、「帽子をとってもひとっつも気づかない!もうちょっと後ろ指くらいさしてくれよ」と電車に乗ってもまったく注目されないことをぼやき、爆笑をさらった。

【写真を見る】肩を出した黒ワンピの麻生久美子も安田顕のトークに大爆笑!

本作は、“最強の脇役”亀岡拓次の不器用で愛すべき恋と人生を描く、心温まるヒューマンドラマ。ドラマ「下町ロケット」をはじめ、名脇役としてブレイクを果たした安田が、主演としてスクリーンに登場する。安田はこの日、「ヤバい!最近この作品の宣伝でも出させていただいているし、どれくらい気づかれるんだろう!と思っていたら、帽子をとってもひとっつも気づかれない!」とぼやき節。「ひとつも実感がございません」とブレイクの実感がまったくないことを明かした。

さらに「役者としての現場に立つ心構え」を聞かれた安田は、「他の人の邪魔をしない。平身低頭になんとなくそこにいること」とどこまでも謙虚な姿勢を告白。麻生は、安田のトークに大爆笑しつつ、「撮影現場ではこんなに面白い人じゃなかったです。なんとなくそこにいるという感じで、セットの一部かのように座ってらした。こんなに面白い方だったとはと驚いています」と素直な感想を話して、さらなる笑いを誘っていた。

原作者の戌井は「考えていなさそうで、実は考えていそうだけど、結局、何も考えていないところ」が主人公・亀岡の魅力だと分析。安田は「僕の内面は実際にそうなので、すごく助かりました」と共感度抜群の役柄となった様子だ。「みんなに亀岡を好きになってほしい。それだけを考えて撮りました」という横浜監督も、「役なのか安田さんなのか本当にわからなかった」と役柄と安田とのシンクロ率に舌を巻いていた。

最後には安田が「私はこの映画に対して1年足らずの関わりしかありません」と口火を切り、「横浜監督はもっともっと前から、この作品に情熱を持って取り組まれていた。そして、戌井さんの原作がなければこの作品がなかったし、いろいろな方たちが長い年月をかけてこの映画が出来上がった。心から面白い映画」と横浜監督と戌井に最大の敬意を表し、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

全文を表示