“ムツゴロウとゆかいな仲間たち”のキャッチフレーズなどで知られるエッセイスト、作家、動物研究家の畑正憲(以下、ムツゴロウ)が1月29日の毎日新聞のインタビューを通じて、動物愛がなくなってしまったことを告白した。ネット上で驚きの声が上がっている。

■多額の借金と消えた動物愛

 2004年に東京サマーランドの観光施設として開園した「東京ムツゴロウ動物王国」は客足が伸びず、2007年に閉園した。その際に、ムツゴロウには約3億円の借金が負わされたという。

 このときムツゴロウは71歳。同紙のインタビューに、「自分でも怖いくらいの愛情過多症」「熊とか馬とかを命がかかっちゃうくらい愛するんです」と自身の動物に対する愛情の強さを表現した。しかしながら、3億円の借金を背負うことになった時期と重なるように、「70を超えたころから、ふーっとなくなったんですね」と動物愛が消えたことを明かしている。

 現在は8年かけて借金を完済した模様だが、たぐいまれな動物愛は結局戻らず、現在は民主主義をテーマにした「ブラジルを舞台にした女性の一代記」を執筆中とのこと。都内にあるペット禁止のマンションで、家族と別居して一人暮し中だ。

 ムツゴロウの"動物愛消滅"の一報はツイッターなどSNS上でも広がり、「世も終わりだな」「軽くショック」「ムツゴロウさんから動物愛をとったらなにが残るんだ」「ベッキーどころじゃないニュースなんじゃないんでしょうか」と驚きを口にするユーザーが出ている。

■過去には猛獣と"愛のスキンシップ”

 かつて動物愛が健在だった頃のムツゴロウの"愛のスキンシップ"エピソードは枚挙に暇がない。たとえばブラジルでは、施設のライオンへ網越しに手を差し伸べて、中指を噛まれて第一関節を切断するハメに(当時、ムツゴロウの指を診断して驚いた医師に「ニコニコ笑って切ってもらった」と答えたという)。他にも、イヌとは熱烈なキスを展開し、牛のオシッコを飲み、ナメクジをペロリと食べ、半ば興奮したジャガーとじゃれ合い、ゾウには踏み殺されかけ、アナコンダに絞め殺されかけた。

 1月21日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)では、オオカミの雄に求愛の手ほどきをして交尾の仕方を教えた生々しすぎるエピソードを語り、司会のダウンタオン浜田雅功らを驚かせている。

「危なかっしい動物エピソードを豊富に持っている方ですから、本人に意欲があれば、バラエティを中心にまだまだ活躍できるはず。動物絡みで身体を張った体験を繰り返し、さらには借金を負った分、動物ネタで稼いでも文句を言う人はいないでしょう」(芸能関係者)

 禁断の告白をしたムツゴロウ。この先どんな活躍を見せてくれるのか。そして動物愛がよみがえる日はやってくるのか?

(取材・文/蒼木学)

『ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本』