ナリナリドットコム

2月26日より世界最大級のオンラインストリーミング・Netflixでスタートする、名作ドラマ「フルハウス」の続編「フラーハウス」。その日本語吹き替え版には、「フルハウス」の声優陣が20年ぶりに再集結していることがわかった。

1987年から1995年にかけて放映された大人気ファミリードラマ「フルハウス」。妻に先立たれたダニーが3人の娘たちを育てるために義理の弟ジェシーと親友のジョーイと繰り広げる笑いと感動の共同生活ドラマに世界中が夢中になり、今でも世代や国の垣根を越えた熱狂的なファンが存在している。

本作「フラーハウス」はタナー家族の“その後”を描いたストーリー。オリジナルでは幼かったタナー家の長女D.J.と次女ステファニー、そしてD.J.の親友キミーが大人の女性になり、お馴染みのメンバーと共に帰ってくる。気になる物語は男3人から女3人の子育て奮闘記へとなり、「フルハウス」オリジナルキャストが出演、笑いあり、涙ありの誰もが夢中になれる家族の成長物語が描かれるという、ファンにはたまらない内容だ。

「フルハウス」は地上波テレビでの吹き替え版放送を見ていたファンが非常に多く、本作「フラーハウス」が発表された際にも、ネットには「吹き替え版はないの?」「年を取ったからってみんなの声優が変わってしまうのはイヤだ」「大きくなった子供たちの声優はどうなるんだろう?」などなど、すぐに吹き替え版を心配する声が溢れるほど、オリジナルの吹き替え版がファンに支持され愛されてきた。その声を受け止めたNetflixでは、オリジナル版を担当しいていた声優陣に本作への出演をオファー。快諾を得たことで、吹き替え声優陣も再集結するという夢の競演が実現する運びとなった。

ファン待望の吹き替え版声優は、ジェシー役が堀内賢雄、ダニー役が大塚芳忠、ジョーイ役が山寺宏一という、オリジナルのままのおなじみ3人に加えて、当時まだ小さかった子供たちの吹き替えを担当した女性声優陣が、大人の女性になった彼女たちの吹き替えを担当することも決定。タナー家の長女D.J.役を坂本千夏、次女ステファニー役を大谷育江、そしてD.J.の親友キミー役を伊藤美紀が、成長した彼女たちをそのまま演じるという、まさに20年ぶりの「フルハウス」復活にふさわしい声優陣となる。

Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」は2月26日(金)全世界ストリーミング予定。
全文を表示