マイナビ学生の窓口


1989年から1996年にかけて週刊少年ジャンプで連載された『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』。人気RPGの『ドラゴンクエスト』の世界観・設定を基にしたオリジナルストーリーの作品です。本作にはゲームには登場しないオリジナルの魔法も数々登場しました。今回は、そんな『ダイの大冒険』のオリジナル魔法を紹介します。

■懐かしいと感じる人も多いはず!

●トベルーラ(飛翔呪文)

宙に浮かんだり、宙を自由に飛ぶことのできる呪文。ゲームでおなじみの目的地まで移動できる呪文「ルーラ」を応用したものです。作中ではポップが使用することが多く見られました。トベルーラを駆使した空中戦を行うなどをしていましたね。

●リリルーラ(合流呪文)

こちらもルーラを応用した呪文。唱えることで仲間の元に移動し、合流することができます。作中では、アバンが異空間に閉じ込められた際にルラムーン草の粉末を使って発動させ、脱出をする描写がありました。

●ベタン(重圧呪文)

敵に高い重圧を加えて押しつぶす呪文です。作中ではポップが主に使用し、竜騎衆の駆るドラゴンたちを倒すなど高い効果を発揮しました。後に『ドラゴンクエストX』や『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』に登場するなど逆輸入現象が起こりました。

●メドローア(極大消滅呪文)

メラ(炎)とヒャド(氷)という正反対の特性の魔法を合体させることで、あらゆるものを消滅させるエネルギーを生み出し、それを弓のように放つ魔法。作中では最強の呪文の一つとされており、ポップとその師匠であるマトリフのみが使用しました。

●ドルオーラ(竜闘気砲呪文)

ダイやその父バランなど、竜の騎士のみが持つ竜闘気(ドラゴニック・オーラ)を圧縮して放つ呪文。威力は絶大で、作中では半島を丸ごと消滅させました。メドローアと並ぶ最強呪文とされています。

●マホカトール(破邪呪文)

五芒星の魔方陣を描いて使用する呪文で、魔方陣の内側の邪悪な存在を消し、またその外側から邪悪な者を入れないようにする効果があります。作中ではアバンとポップが使用しました。

●ミナカトール(大破邪呪文)

マホカトールの上位に当たる呪文です。複数の「心の強き者」が集まって初めて使うことのできる最強の破邪の呪文で、作中ではダイやポップなど、アバンの使途と呼ばれる5人が協力して発動しました。

●ラナリオン(天候呪文)

天候を操作する呪文です。作中ではポップが使用して暗雲を呼び寄せ、ダイがライデインを使うサポートをしました。ゲーム本編には「ラナルータ」という昼夜を逆転させる魔法が存在しますが、それと同じ「ラナ系」という魔法系統の一つとされています。

●マホプラウス(集束呪文)

自分に向けて放たれた攻撃呪文を受け止め、それらの威力を上乗せした呪文を放つ補助魔法。魔王軍のザボエラが使用し、部下のメラゾーマを収束した呪文を放っていました。

●マホイミ(過剰回復呪文)

おなじみの回復呪文「ホイミ」の効果を究極にまで高めた呪文。相手を過剰に回復させることで生体組織を破壊するという恐ろしいものです。作中ではマァムがこの魔法を応用した「閃華裂光拳」という技を使用しました。

●フィンガー・フレア・ボムズ(五指爆炎弾)

火炎系の呪文であるメラゾーマを、5本の指それぞれから同時に放つ呪文です。魔王軍のフレイザードが使用しました。握りこぶしの状態で、人さし指から順に「メ・ラ・ゾ・-・マ」と一文字ずつ開いていく描写が印象的でした。

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の本編に登場した漫画オリジナルの魔法を紹介しました。「ベタン」や「メドローア」「フィンガー・フレア・ボムズ」あたりは懐かしいと感じる人が多いのではないでしょうか?

(中田ボンベ@dcp)

全文を表示