アニメイトTV

 2016年2月5日、「"虚淵玄"新プロジェクト 記者会見」にて、『魔法少女まどか☆マギカ』、『Fate/Zero』などでお馴染み虚淵玄さん完全新作ストーリーの日台合同映像企画・武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキ)の制作が発表されました。放送は2016年の夏を予定しています。

 本企画は、台湾で子供から大人まで楽しまれている人形演劇『布袋劇(ほていげき)』。その映像に惚れ込んだ虚淵さんと、台湾で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社「霹靂國際多媒體 股份有限公司」(通称:霹靂社)によるコラボレーションとなります。人形の造形アドバイザーにはフィギュアメーカーの雄「グッドスマイルカンパニー」が参加。台湾の伝統文化と日本のコンテンツ文化が融合することで生まれる、かつてない映像作品が楽しめます。


【虚淵玄さん完全新作ストーリーの武侠ファンタジー人形劇が開演!】の写真付き記事はこちら
■「布袋劇」とは
17世紀ごろから伝統的に引き継がれてきた、特殊効果や人形造形を進化させつつ、独自の映像表現を切り開いてきた、単なる"人形劇"の粋を飛び越えた映像作品。高度な造形を施したハイクオリティな人形。その人形を様々な手法で操作する職人芸。演出を強化する特殊効果。それらによって得られる映像体験は、見たものにしか分からない独自の感動を呼び起こします。

■豪華声優陣がキャラクターボイスを担当
それぞれの人形の声を、経験豊富な声優陣が担当。鳥海浩輔さん、諏訪部順一さん、中原麻衣さん、関智一さんの出演が決定しています。

■主題歌はT.M.Revolutionによる新曲
インターナショナルな作品のために、本作を彩る主題歌は人気アーティスト「T.M.Revolution」に決定。アニメ主題歌などでも国内外から絶大な人気を誇る、T.M.Revolutionによる主題歌もまた本作の大きな魅力となっています。



 なお、本作に関連したステージイベントが、2016年3月26日(土)・27日(日)に東京ビッグサイトで開催される、「AnimeJapan2016」のREDステージで開催予定となっています。
 ステージでは主題歌を担当する「T.M.Revolution」、凜雪鴉(リンセツア)役の鳥海浩輔さん、殤不患(ショウフカン)役の諏訪部順一さんの出演も決定! ステージ観覧抽選応募権付き入場券は、2016年2月21日(日)までの販売となっていますので、お見逃しなく。

【キャラクター紹介】

凜雪鴉(リンセツア):CV鳥海浩輔
「これ、そこな旅の人。まさかその傘を奪うつもりではあるまいな?」
 気品漂う謎多き美丈夫。常に煙管を手にしている。博識かつ狡知に長け、立ち振る舞いは常に優雅。奇縁により出会った護印師・丹翡、謎の剣客・殤不患と共に蔑天骸の待つ七罪塔を目指すことに……。

殤不患(ショウフカン):CV諏訪部順一
「わかったよ。あんたは何も恥じなくていい。俺も本気出すからよ」
 謎多き流浪の剣客。武器は剣。厭世的な皮肉屋を装い、常に憎まれ口ばかり叩いているが、性根は義に篤い人情家。凜雪鴉の策略により蔑天骸の手下に襲われている丹翡を助け、渋々ながら旅を共にすることになる。

丹翡(タンヒ):CV中原麻衣
「私は鍛劍祠の護印師、丹翡と申します。どうか皆様、お見知り置きを。」
 聖剣「天刑劍」を祀る「鍛劍祠」の番人を代々務めてきた一族の末裔。伝統と責任を背負ってきた自負ゆえにプライドが高く生真面目で強情だが世間知らずでお人好しという純朴な側面も。天刑劍を狙う蔑天骸の襲撃の際に奇縁により凜雪鴉と殤不患に助けられその後、共に旅をすることに……

丹衡(タンコウ)
「森羅枯骨、蔑天骸……我らが聖域に、何を血迷っての狼藉か!?」
 丹翡の兄。妹と共に鍛劍祠の番人を代々務めてきた一族の末裔。丹衡が天刑劍の「柄」を、妹の丹翡が「鍔」を身につけて守護していたが、蔑天骸の襲撃により窮地に立たされることとなる。

蔑天骸(ベツテンガイ):CV関智一
「この世において剣こそは力の証。何よりも揺るぎない真理の在り処。」
 天然の要害に守られた七罪塔に居を構える「玄鬼宗」の頭目。無双の剣術と、死霊を操る法術を身につけた最大の敵。丹翡の一族が守る天刑劍を奪うため、あらゆる手段を持って丹翡の一族に襲い掛かる。

獵魅(リョウミ)
「ホッホッホッ! いいわ。遺影はもっと二枚目にしてあげる」
蔑天骸の部下。蔑天骸のことを宗主様と呼び従う玄鬼宗の実力者。

【作品概要】
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキ)
ジャンル:武侠ファンタジー人形劇
放映日:TVシリーズ2016年夏予定
原作:Thunderbolt Fantasy Project
原案・脚本・総監修:虚淵玄(ニトロプラス)
操演・撮影:霹靂國際多媒體 股份有限公司
キャラクターデザイン:ニトロプラス
造形アドバイザー:グッドスマイルカンパニー
制作:Thunderbolt Fantasy Project

【キャスト】
凜雪鴉(リンセツア):鳥海浩輔
殤不患(ショウフカン):諏訪部順一
丹翡(タンヒ):中原麻衣
蔑天骸(ベツテンガイ):関智一


<あらすじ>
かつて魔界の軍勢と人間界が争った戦において、人間たちによって鍛造され、無双の力を発揮した数々の武器である「神誨魔械」。
戦の後、数多の神誨魔械は護印師らによって長く守られてきたが、その中でも護印師の「丹衡」「丹翡」兄妹によって守られてきた最強の武器「天刑劔」が、今まさに「蔑天骸」率いる悪の手に落ちようとしていた。
蔑天骸の追求から逃れる途中、丹翡は偶然にも「凜雪鴉」「殤不患」の両名と出会い、その助力を得ることに。奇縁により導かれた3人は、新たに加わる個性豊かな仲間たちと共に、各々の思いを抱き、蔑天骸の居る七罪塔を目指すこととなるのであった。

<みどころ>
迫力の戦闘シーンなど人形を使った今までにない斬新な映像表現の数々と、強大な敵に立ち向かうために道中で仲間を集めその力を集結し幾多の試練を乗り越えていくという心躍る冒険小説的なストーリー展開が本作の最大の魅力となっております。


>>公式サイト
>>公式Twitter(@TBF_PR)
ハッシュタグ:#TBF_P



全文を表示