手帳から飛び出るにゃんこたち! 猫ふせんが新発売
マイナビウーマン

フェリシモ猫部は「そこにいたの!? ノートで遊ぶ猫ふせん」のウェブ販売を開始した。価格の一部は「フェリシモ猫基金」として動物の保護、里親探し、野良猫の過剰繁殖防止活動などに活用される。

「もし小さくなった猫さんが本棚にいたら、何が起こるだろう?」という妄想のもとに生まれたという同商品。同サイトでモデルとなる猫を募集し、2,422枚もの応募写真の中から13匹の猫が採用された。それらの猫ちゃんを実写し、ノートや手帳からひょっこりと顔をのぞかせる「のぞき猫」や、のび〜をしたり、よじよじしたり、大好きな狭い箱にはいったりした「まわりで遊ぶ猫」、開くとあられもない姿でリラックスする「開けると……猫」の3種類としてデザイン化した。

ねこ好きな友達に本を渡す時のネコミニュケーションのきっかけにしたり、自分のノートや手帳にぺたぺた貼ってふと目があったり、ねこ好きにはたまらないステーショナリーグッズだ。5種(各10枚)または、ふせん4種(各10枚)がデザインされた段ボール製オリジナルパッケージ入りで3種類。月1セット通常価格702円(税込)のところ、初回お試し価格646円(税込)で提供。月1回、3種類のなかからローテーションで1種類ずつ届けられる。1回だけ、1種類だけの購入もできる。

(フォルサ)

全文を表示