13851198345_d4a7cf7791_k
愛カツ

生活していれば男女問わず誰にだって楽しい事や苦しい事があります。

しかし、もしも女性の方が男性よりも悩みや傷つく機会が多いと聞いたらどう思いますか? きっと不公平に思うかもしれません。ではなぜ女性の方が悩み傷つく機会が多いのでしょうか。その原因をお伝えします。

世の中は男性が生きやすいように作られてる

世の中には情報が溢れています。生きて行く上で情報は欠かせないものです。それらを得て判断し、みんな生活しています。しかし、もしもその情報がそもそも男性に都合の良いように作られ発信されているとしたらどうでしょうか。女性たちは気付かないうちに自分たちが不利になる環境にあり、そのせいで傷つき悩んでいます。

情報を発信しているのはほとんどが男性

テレビや雑誌、新聞やネットなどほとんどのメディアは男性が作ったものです。情報を発信し、その情報で見た人に何か影響を与えたり、操作や誘導をしようというのがメディアの目的です。その情報源を作って発信しているのはほとんどが男性です。男性の考え方のもとに作られた情報ですので、その情報の中に登場する女性像は男性が思い描くものであり、女性はそれらを無意識に押し付けられていることになります。

男性の価値観が基準になってしまう

例えば綺麗な女優さんがドラマに出ているとします。そのドラマの内容がどんなものであれ、その人が綺麗だと判断しキャスティングしたのは男性です。視聴者はその価値観を受け入れることしかできず、自然と「綺麗な人」の基準が男性の基準になっていきます。このようなことがすべてのジャンルで起きるのです。

女性の方が柔軟で賢いから成り立つ

なぜこのような現象が起きるのでしょうか。それは女性の方が考え方が柔軟だからです。男性は女性の価値観を理解することが難しいですが、女性は女性の価値観も男性の価値観も両方理解できる賢さを持っています。なので男性は女性誌に載っているモデルさんのような「女性に好かれる女性」の魅力を理解できなかったりします。逆に女性は「男性に好かれる女性」の存在を理解できます。しかし、理解できてしまう分、そんな女性が、女性の価値観と違う評価を得ていることに傷ついてしまうことがあるのです。

いかがでしたか? このような世の中の情報の仕組みを理解し、少しでも女性が悩みや傷つくことから解放される人が増えることを切に願います。

【Photo】plasticboystudio_PhotoJUNKY

(ナナミ・ブルボンヌ/ライター)

全文を表示