マイナビ学生の窓口

アニメ作品の監督といえば、スタジオジブリの宮崎駿さん・高畑勲さん、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季さん、『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明さんといったところが有名ですね。でも注目してほしい有力な監督は他にもいらっしゃいます。今回は、今人気のアニメ監督をピックアップしてご紹介します。

●新房昭之(しんぼうあきゆき)監督

『さよなら絶望先生』『物語シリーズ』『魔法少女まどか☆マギカ』などの作品で監督を務めました。細かいカット割りと、独特の角度から俯瞰(ふかん)する「シャフト角度」と呼ばれる演出などで注目されています。この「シャフト角度」は、アニメスタジオ『シャフト』が制作した作品で目立ったことから付いた名前です。新房監督作品の中でも物語シリーズは新房演出の真骨頂ともいえる作品ではないでしょうか。

●水島努(みずしまつとむ)監督

近年では『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』『監獄学園』といった作品で監督を務めています。特に『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』のオリジナル作品をヒットさせた手腕は業界でも賞賛されています。どの作品も緻(ち)密に、細かい部分まで徹底して描かれていることが特徴です。「水島監督作品はクオリティーが高い」と視聴者からも高評価を得ています。原作に忠実なのも高評価の理由でしょう。

●長井龍雪(ながいたつゆき)監督

長井監督の作品としては『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『とらドラ!』が特に有名です。ラブコメドラマの演出に定評があり、キャラクターの心理面の描写が特に素晴らしいといわれます。ドタバタ感の強い作品ほど心理描写の緻(ち)密さが目立つという演出手腕の持ち主です。また、アニメーター出身でないのに絵がうまく、そのコンテ絵の表情の豊かさは演出意図を明確に伝えるものだそうです。

●石原立也(いしはらたつや)監督

石原監督の代表作といえば『CLANNAD』『涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)』でしょう。最近では『響け! ユーフォニアム』で監督を務めました。やはり京アニといえばこの人。石原監督のかわいい女の子主人公の作品はほぼハズレなし。カット割りのうまさとカット構成が特にすごいといわれます。またフラッッシュバックを多用することでも知られています。新作発表の際には「石原監督だから安心」などの声も聞かれます。

●細田守(ほそだまもる)監督

代表作は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』です。ここ数年で最も注目されているアニメ監督といっていいでしょう。アニメではあまり見られない独特のカットが特徴で、その映像のクオリティーの高さは邦画アニメトップクラス。ちなみに細田さんは、スタジオジブリで(東映アニメーションから出向)『ハウルの動く城』の監督として働いたことがあります。細田監督版の同作も見たかった、という人も多いのではないでしょうか。

アニメ監督という仕事はとにかく激務だそうで、タフでないと務まらないとか。今回紹介した監督には体に気を付けてこれからも素晴らしいアニメ作品を生み出していただきたいものです。あなたは、アニメ監督というと、誰を思い浮かべますか?

Photo(C)FreeDigitalPhotos

(柏崎デリバリ@dcp)

全文を表示