マイナビ学生の窓口

ジョギングや筋トレをしながら聴くとテンションが上がるという音楽があります。例えば、映画・『ロッキー』のテーマは体を鍛えるのにはちょうどいい楽曲ですね(笑)。映画の主人公になった気分でストイックにトレーニングに励めます。今回は「トレーニングの最中に聴きたい曲」をご紹介します。

●Moves Like Jagger/Maroon 5 featuring Christina Aguilera

この曲は『Maroon 5』のアダム・レヴィーンとクリスティーナ・アギレラが、テレビ番組で共演したことをきっかけに製作されました。心臓の鼓動にも似た軽快なビートはジョギングに最適。この曲を聴くと、走りながら徐々にテンションを上げていくことができるでしょう。

●Lose Yourserf/Eminem

エミネムが主演の映画『8 Mile』で使用された曲です。「さえない男が音楽でチャンスをつかんで成功してやる!」という歌詞は、映画の内容にも合っています。激しい語り口のラップはもちろん、イントロの部分が特に格好良く、一気にテンションを上げるには良い曲です。

●君と羊と青/RADWIMPS

アルバム『絶体絶命』の収録曲です。2011年のNHKサッカー放送のテーマ曲で、Jリーグや天皇杯などサッカーの試合を紹介する番組で広く使用されました。テンポ良く早口で歌っているのが印象的です。明るくポップな曲調は早朝のジョギングにぴったり。朝一番からやる気を出すにはこういう曲がいいですよね。

●LIFE/キマグレン

キマグレンの発表した2枚目のシングルで、「本当の自分を見つけよう」というメッセージが込められた応援歌です。逗子海岸で製作されたPVでは生き生きと演奏するメンバーの姿を見ることができます。夏っぽいこの曲は、テンション上がること間違いなし! 心地よい気分で走ることができますよ。

●Runner/爆風スランプ

『爆風スランプ』の代表曲です。かなり昔の曲ですが、高校野球の応援歌では定番となっていますよね。男くさく熱い歌詞なので、スポーツをやっている人の心境とぴったり重なるのかもしれません。この曲は、スポーツ以外でも頑張るときには良い歌です。やる気の出る名曲といったらこれでしょう。

●The Battle Red Clif/岩代太郎

この曲は三国志に登場する「赤壁の戦い」を描いた映画・『レッドクリフ』で使用されていました。インストゥルメンタルですが、三国志の壮大な世界観が伝わる迫力のあるものとなっています。聴いていると熱い気持ちになり、武将になり切れます(笑)。ジョギング、筋トレのBGMにお薦めできるテンションの上がる一曲です。

●全力少年/スキマスイッチ

スキマスイッチの5枚目のシングルです。ファン投票で選ばれた楽曲を集めたベストアルバム『DOUBLES BEST』にも収録されています。前向きな歌詞は「よし頑張ろう!」と、こちらのやる気を引き出してくれます。この曲をジョギングの際に聴くと軽快な足取りで走ることができますよ。

今回紹介した曲はどれも前向きなものばかりで、聴いていると元気になります。グッと集中もできるので、ぜひ聴きながらトレーニングしてみてくださいね。

(吉田ハンチング@dcp)

全文を表示