マイナビ学生の窓口

9日に放送された「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演した、ナインティナインの矢部浩之は、親が抱えていた多額の借金を返済していたことを明かした。

「実家は貧乏だったけど気づかなかった」と矢部。
何不自由なく、色々な物を与えられて育ったが、後に莫大な借金があったことが発覚。
その額は数千万円もあった。

それを全部返済できたのは数年前で、矢部が「返した」と親の借金を全額返済したことを告白。
親とケンカもして、逆ギレをされて、父親からは「勘当じゃ!お前なんか!」と言われたこともあったとか。

「無茶苦茶やったけど、腐っても親」と言うが、それは仕事もあり、収入もあったからこそできた考え方だという。
しかし、全部借金を返済できて「良かった」と思ったものの、父親が弱ってしまったそうだ。

借金があることで、気が張ってしっかりしていたが、なくなってしまったことで、生きる張り合いがなくなってしまい弱くなった父親を見て、「ちょっと(借金を)残した方が良かったかな?」と、父親のために全額を払うべきではなかったと反省していた。

また、ゲスト出演していた坂上忍も、親の借金を肩代わりして、14歳から26歳までかかって全額返済したことを明かした。

全文を表示