マイナビ学生の窓口

ライトノベルの中には、実写化される作品も数多くあります。最近では、『掟上今日子の備忘録』が新垣結衣さん主演でテレビドラマ化されましたね。他にも、テレビだけでなく実写映画になっている作品もあります。今回は、そんなテレビドラマではなく映画になったライトノベルを紹介します。


■意外と知らなかった作品も?
●『図書館戦争』著者:有川浩

2019年の架空の日本が舞台。人権侵害に値する表現を規制するための「メディア良化法」の執行機関である良化特務機関と、「図書館の自由法」を掲げる図書館との対立を描いた作品です。2013年に劇場映画化され、2015年には続編も制作されました。

●『僕は友達が少ない』著者:平坂読

「友人を作る」という目的で作られた「隣人部」に強制入部させられた羽瀬川小鷹が、部の設立者の三日月夜空らと共にドタバタな毎日を送る学園ラブコメ。非常に人気の高い作品で、2014年には瀬戸康史さん主演で実写映画化されています。

●『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』著者:入間人間

失踪事件と連続殺人事件が起こる田舎町が舞台の恋愛ライトノベル。全体的にダークで過激な内容で、若干のホラーテイストもあり話題になりました。実写映画は染谷将太さんと大政絢さんが主演で2011年に公開されました。

●『ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others』著者:上遠野浩平

1998年から刊行されている学園系の人気ライトノベル。その独特の世界観が評価され、「セカイ系」というジャンルを生み出しました。西尾維新など多くの人気小説家に影響を与えた作品としても有名です。実写映画は2000年に公開されています。

●『タイム・リープ あしたはきのう』著者:高畑京一郎

「タイム・リープ」の能力によってなすすべもなく時間を超越していく女子高生が、学年トップの秀才と共に狂った時間を元に戻していくというSF小説。1995年の作品ですが、非常に高い評価を受けました。実写映画は1997年に公開されました。

●『半分の月がのぼる空』著者:橋本紡

入院することになった男子高校生と、不治の病と闘う少女の出会いと交流、そして恋模様を描いた作品。2010年に実写映画が公開されましたが、他にもアニメや漫画、テレビドラマ化もされています。

●『マリア様がみてる』著者:今野緒雪

私立リリアン女学園高等部という女子高が舞台の恋愛小説。女性の同性愛を扱っており、男性読者から非常に注目されました。映画は『実写映画 マリア様がみてる』というタイトルで2010年に公開されました。

●『ライトノベルの楽しい書き方』著者:本田透

学園一の美少女が新人ライトノベル作家であることを知った男子高校生が、彼女の執筆に協力しながら奔走する学園ラブコメ。2010年に実写映画が公開されましたが、人気声優が顔出し出演していることなどが話題になりました。

●『赤×ピンク』著者:桜庭一樹

「ガールズ・ブラッド」という、女性だけが参加することのできる非合法格闘技イベントで戦う女性格闘家の姿を描いた作品です。2014年2月に芳賀優里亜さん主演で実写映画が公開されました。

●『All You Need Is Kill』著者:桜坂洋

「ギタイ」と呼ばれる敵の襲撃を受ける近未来の地球が舞台。同じ時間を繰り返しながら成長していく主人公の活躍を描いたループもののSF作品です。2014年にハリウッドで実写映画化され、主演はあのトム・クルーズでした。

実写映画化されたライトノベル作品を紹介しました。最後の『All You Need Is Kill』は、まさかハリウッドが手掛けるとは思いませんでしたね。驚いた人も多いでしょう。昨今はラノベの実写化も増えていますし、次はどんな作品が実写で映画化されるのか楽しみですね。

(中田ボンベ@dcp)

全文を表示