ナリナリドットコム

人気ラーメン店「一風堂」が2月19日、フランス・パリに「サンジェルマン店」をオープンする。欧州では2か国目、フランスでは1店舗目で、今後欧州においても積極的な店舗展開をしていくという(※現在、一風堂の海外店舗は13の国と地域に58店舗)。

歴史ある教会やギャラリー、高級ブティックやカフェなどが立ち並び、知的で洗練された“最もパリらしい街”とも評されるサンジェルマン地区にオープンする一風堂のコンセプトは、“Maison du Ramen Premium”(メゾン・ドゥ・ラーメン・プレミウム)。ニューヨークやロンドンの一風堂のようなラーメンダイニングではなく、あえて日本のラーメン店らしさを表現しながらも、奥には予約制のVIPルームを備えた。

ラーメンは、おなじみの「白丸元味」「赤丸新味」「からか麺」に加え、豚ではなくフランス産の滋味深い鶏を使った「鶏醤油」や、数種のマッシュルームやフェンネルなどの野菜でダシを取った「茸香るベジ麺」など、個性豊かなフランス食材を日本の細やかな調理技術で提供。ワインやシャンパーニュだけでなく、日本各地から選りすぐった日本酒も用意し、味にも空間にも日仏の豊かさを採り入れた、多様な楽しみ方を提案する。

フランス独自のメニューは、すべてエグゼクティブ・シェフの平田正志氏(40歳)が考案。2010年に人気レストラン投票サイト「Yelp!」において、一風堂ニューヨーク店を全米1位に導いた平田氏とその仲間のスタッフたちが、今度はパリの街でラーメンの新境地開拓に挑む。
全文を表示