怖っ!衝撃の表情の倉科カナ - (C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
シネマトゥデイ

 松山ケンイチ主演で漫☆画太郎のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写化する映画『珍遊記』のシーン写真が公開され、伝説の僧侶・玄奘(げんじょう)を演じる丸刈り頭の倉科カナの阿修羅のような、衝撃的な“ガン飛ばし”姿が明らかになった。

映画『珍遊記』オフィシャルサイト

 原作は、1990年より週刊少年ジャンプで連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した大ヒット作。天竺を目指して旅を続ける修行僧・玄奘(倉科)が、偶然立ち寄ったじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)の家で出会った悪名高き不良少年・山田太郎(松山)を更生させるべく引き取り、珍道中を繰り広げるさまが描かれる。

 公開された場面写真で、目の色まで変えて怒り狂った阿修羅さながらの表情を見せる倉科が演じるのは、徳を積む修行の旅を続けるなか、東の都で鬼退治をしたという噂を持つ伝説の僧侶。様々な法力を使って困った人々を助ける一方で、子供に「かわいい」と言われてご機嫌になったり、彼氏との憧れのデートプランを持つなど、ごく普通の女子的な一面も覗かせる。しかし、何かの拍子に突如キャラが豹変してしまうこともしばしばで、本気モードに陥ると額に“第三の眼”が出現するという……。

 キュートなイメージで知られる倉科だが本作では丸刈り頭に袈裟の出で立ちで、お下劣なセリフの応酬やド派手なアクションに挑戦。インタビューで個人的に使ってみたい玄奘の法力について聞かれ、「簡単に移動できるという意味では、“転送(ファックス)”は使えるかもしれません」と答える。その一方で、撮影から時間が経ちアフレコの為に様々な法力を絶叫している自分の出演シーンを見た時のことを、「『私、何言ってんだろう……』とちょっと冷静になってしまいました(笑)」と振り返っている。(編集部・海江田宗)

映画『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9他にて全国公開

全文を表示