【ガッカリ】90年代に買って失敗したゲーム機ランキング
gooランキング

「なんで買ったんだろ…このゲーム機…」

数多くのゲーム機が発売された1990年代、買って後悔したゲーム機も多いのではないでしょうか?
と、いうわけで「買って失敗した90年代発売のゲーム機ランキング」を集計いたしました。結果は下記の通りです!

1位:セガサターン
2位:スーパーファミコン
3位:Nintendo 64
4位以降のランキング結果を見る


1位は「セガサターン」。32bitゲーム機戦争の真っ只中、後の覇者「プレイステーション」とほぼ同時に発売された本機。以前よりゲーム機を販売していたSEGAと、初ゲーム機のSONYの勝負だったため発売直後はSEGAが優勢だったものの、「ファイナルファンタジーⅦ」が「プレイステーション」のみの発売と発表され、形勢が逆転したとの逸話も。これにより「セガサターン」を買った人々は失敗したと思ったんですかね…?


2位は「スーパーファミコン」。かなり長い期間王者として君臨していた伝説の16bitゲーム機だけに、スペックやソフトでの不評ではないと思うんですが…高価なカートリッジソフトを強請られた親たちの怒りでしょうか?


3位は「Nintendo 64」。伝説のゲーム機「スーパーファミコン」の後継機として発売したのですが、ディスクソフト時代に高価なカートリッジソフトを採用した上、「スーパーファミコン」で大人気だったサードパーティタイトルがほとんど発売されず任天堂専用ゲーム機と化してしまった悲しいゲーム機です。

今回は「90年代に買って失敗したゲーム機ランキング」をご紹介させていただきました。
私的には2002年発売になってしまいますが「初代Xbox」が買って失敗したゲーム機No.1でして、巨大で非常に重い本体な上、ほとんど洋ゲーしかソフトが発売されず非常に悔しい思いをしました…。
気になる4位以降のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(40~50代男女)
調査期間:2016年1月29日~2016年1月29日

全文を表示