画像は京都大学に一時期存在した「石垣カフェ」(karitsuさん撮影、Flickrより)
Jタウンネット

京都大学に現れた、あるものへの反対を訴えた立て看板。それを写したツイートが2016年2月12日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんなプラカードだったのか、見てみよう。

東大生「タフでグローバル!留学行こう!」
京大「TOEFL粉砕!学生の国際商品化反対!TOEFLの時間はトーフを食べよう!三時間半を有意義に使おう!」 pic.twitter.com/sdGFoly3pz
- たちつてと (@noritama241) 2016, 2月 13

これは京都大学の学生団体が作成した、TOEFLの「粉砕」を訴えた立て看板を撮影したものだ。理由は「学生の国際商品化に反対」とのことだが......。うーん、ちょっとロジックがわからない。一方、その代わりといってはなんだが「TOEFLの時間はトーフを食べて、3時間半を有意義に使おう!」という、豆腐とTOEFLをかけたバカバカしい呼びかけも行われているのが、いかにも京大生らしいというべきか......。

このツイートには、こんな反響が。

@noritama241 @spoiledks1947 学費下げるか値上がらない運動頑張ろうよ。
- Tokumizman (@tokumizman) 2016, 2月 14
@noritama241 教授陣もマルクス崩れの反グローバルばっか。上の世代はとっととくたばればいいけど、無垢な若い世代が食い物にされるのはみていてやるせない。
- nakkk (@leonleon222) 2016, 2月 14
@noritama241 豆腐でオルグされるのだから京大って怖い所だ。
- カダフィ大佐 (@hennaojisan) 2016, 2月 14

これを作った学生さんには申し訳ないですが、これを見て京都の湯葉やお豆腐が食べたくなってしまいました!(ライター:a rainbow)

全文を表示