ディズニーランド、33周年記念グッズお披露目 今週一番読まれたニュースは?【ディズニー情報編TOP5】
モデルプレス

【ディズニー/モデルプレス=2月17日】東京ディズニーランドでは、開園33周年を迎える4月15日(金)より、「東京ディズニーランド33rdアニバーサリーグッズ」が登場する。今年は、“ウエスタンランド”を舞台にし、アトラクション「カントリーベア・シアター」のクマたちが描かれたデザインとなっている。

【さらに写真を見る】ウエスタンランドのアトラクションをデザイン、「カントリーベア・シアター」のキャラクターたちが登場!/ディズニーランド33周年記念グッズお披露目

◆東京ディズニーランド33rdアニバーサリーグッズのぬいぐるみ

開園33周年を記念するグッズは、ウエスタンランドが舞台となっており、キャラクターたちもウエスタンランドのコスチューム姿で登場している。

ぬいぐるみバッジは7種類。ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、チップ&デール、グーフィーのほかに、「カントリーベア・シアター」のヘンリーが登場。

ヘンリーはアトラクション同様に頭にアライグマのサミーを乗せている。

◆そのほかにも!東京ディズニーランド33rdアニバーサリーグッズ

ぬいぐるみのほかにも、33周年のロゴやウエスタンランドのアトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」、「トムソーヤ島」、「カントリーベア・シアター」のクマたちがデザインされたきんちゃくやお菓子が販売される。

ダブルポケットホルダーの中面には、「カントリーベア・シアター」のクマたちウェンデルやシェイカー、ビッグアルの姿もデザインされている。

このほかにも、トミカはウエスタンリバー鉄道をモチーフにした33周年の特別デザインとなっている。

◆33周年の舞台となった“ウエスタンランド”

今回、デザインの舞台となったウエスタンランドは今年の秋から冬頃までに、ディズニーのコミックや短編アニメ映画となった「ジュニア・ウッドチャック」シリーズの世界をテーマにした、新キャラクターグリーティング施設ならびに新飲食施設が導入される。

新キャラクターグリーティング施設は、東京ディズニーランドでは2つ目のキャラクターグリーティング施設となり、1996年にオープンした「ミッキーの家とミート・ミッキー」以来、約20年振りに導入。新レストランは、2階建ての屋内および屋外ダイニングエリアを持ち、屋外には、キャンプファイアーをイメージしたエリアも備えており、ゲストは、アメリカ河の景色を眺めながらゆっくりと食事を楽しむことができる。

ウエスタンランドは、33周年のディズニーランドを盛り上げる注目のエリアとなっている。(modelpress編集部)

■東京ディズニーランド33rdアニバーサリーグッズ
発売日:4月15日(金)~
※デザインや価格は変更となる場合があります。また、売り切れ・品切れの際はご了承ください。

全文を表示