マイナビ学生の窓口

アニメに登場するキャラクターもさまざまですが、その中には他の登場人物とは別格の能力を与えられた「圧倒的に強いキャラ」がいます。味方なら頼もしく、敵ならこれほど恐ろしいものはないというキャラですが、今回はこの「圧倒的に強いキャラ」をピックアップしてみました。

●範馬勇次郎  『グラップラー刃牙』

主人公・範馬刃牙の父親ですが、「鬼(オーガ)」と呼ばれ「地上最強の生物」といわれます。戦闘能力は軍隊をも上回りますが、さらにまだ成長を続けているという恐るべき人物です。その行動が米軍によって24時間監視されているほどなのです。

●鷹村守 『はじめの一歩』

鴨川ボクシングジムに所属するプロボクサーで、WBC・WBA世界ミドル級統一チャンピオン。主人公・幕之内一歩がボクシングの世界に足を踏み入れるきっかけをつくった憧れの先輩です。原作者の森川ジョージ先生が、本作の世界では鷹村守こそ最強のボクサーと認めていらっしゃいます。

●サイタマ 『ワンパンマン』

『ワンパンマン』の主人公・サイタマはどんな敵でもワンパンチで倒すという最強の力を持っています。全宇宙の覇者にも無傷で勝つほどの実力。自ら「趣味でヒーローをやっている者だ」と名乗りますが、ヒーロー協会からは「ハゲマント」と名付けられました。

●ラッキーマン 『とっても!ラッキーマン』

本作の主人公・ラッキーマンは、幸運の星出身で宇宙一ついているという宇宙人です。このヘンな宇宙人はヒーローなのですが、特に強いわけではありません。その幸運を武器に敵と戦い、なんとかしてしまうのです(笑)。ある意味最強といえるでしょう。

●一方通行(アクセラレータ) 『とある魔術の禁書目録』

学園都市にはレベル5の超能力者が7人いますが、その中でも最強の能力の持ち主です。運動量、熱量、電気量などのベクトルを感知し、それを変換・操作する能力を持っています。つまりあらゆる攻撃を無力化できるわけで、この能力自体を無効化されない限りは最強だといえるでしょう。

●ラオウ 『北斗の拳』

自ら「世紀末覇者拳王」を名乗り「拳王軍」を率います。黒王号という隆々たるウマにまたがった姿は威風堂々。北斗神拳四兄弟の長兄にして「剛の拳」の使い手です。北斗神拳継承者にはなれませんでしたが、実力では主人公・ケンシロウを上回るとされた最強の漢(おとこ)です。

●リヴァイ・アッカーマン 『進撃の巨人』

人類最強の兵士といわれる強者(つわもの)で、調査兵団の特別作戦班を率います。対巨人戦で優れた個人の技量を発揮するのみならず、部隊指揮官としての資質も備わっています。調査兵団 団長エルヴィン・スミスの信任も厚く、部下からも敬慕されています。

古いアニメですが、番外編として1キャラを追加します。最近は、このような超絶に無敵なキャラはめったにありません。なにせ「強い! 絶対に強い!」というナレーションが入るのです。

●黄金バット 『黄金バット』

高笑いとともにどこからともなく現れ、悪をばったばったとやっつけ、どこへともなく去って行く孤高のヒーローです。核兵器の攻撃にも全くの無傷という無敵のボディーと、シルバーバトンという杖であらゆるものを破壊できる圧倒的な力を持っています。

他にも『るろうに剣心』の比古清十郎、『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか、『シャーマンキング』の麻倉葉王なども圧倒的な力を持っていますね。あなたは、「圧倒的な力を持つアニメのキャラ」といえば、どんなキャラを思い浮かべますか?

Photo(C)FreeDigitalPhotos

(高橋モータース@dcp)

全文を表示