マイナビ学生の窓口

管理職とはツライもの。部下からは突き上げられ、上からは無理難題を押し付けられるという損な役回りです。しかし、それをものともせず部下を引っ張り目的を果たすスゴ腕な人もいます。今回は、アニメに登場するスゴ腕な管理職キャラをピックアップして紹介します。

●荒巻大輔

⇒内務省公安9課 課長/『攻殻機動隊』シリーズ

かつては陸自情報部に所属していた切れ者で、政界への太いパイプも持っています。普段から情報収集に怠りなく、事件に当たっては的確な手を確実に講じます。草薙素子はじめ、くせ者ぞろいの9課をまとめるだけの手腕と人望の持ち主。

●後藤喜一

⇒特車二課 第二小隊長/『機動警察パトレイバー』

湾岸の埋め立て地にいわば島流しにされた部隊の隊長を務めます。普段は飄々(ひょうひょう)とした昼あんどんですが、いざというときの判断力、行動力は素晴らしく、さすが「カミソリ後藤」と評されるだけのことはあると思わされます。

●谷村秀夫

⇒東西新聞社 文化部 部長/『美味しんぼ』

東西新聞社の良心といわれる、『美味しんぼ』に登場するキャラ一の人格者です。部下に問題児・山岡士郎、問題管理職・富井副部長がいて、このバカたちが数々のトラブルを引き起こすのに、その部下をかばったりします。なんという度量の広さでしょうか(笑)。

*……谷村部長は後に編集局長に昇進します。

●オルガ・イツカ

⇒参番組隊長/『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』

行動に筋を通すことにこだわり、明確な指示を出すことのできる優れた統率力を持っています。また努力家でもあり、隊員からも信頼されてます。後に鉄華団の団長となり、鉄華団団員を守りゆくという決意を新たにしました。

●宮森あおい

⇒武蔵野アニメーション 制作デスク/『SIROBAKO』

短大卒業後、武蔵野アニメーションに入社して制作進行を拝命します。その後、スタッフ離脱などがあったため、新人ながら「制作デスク」となりました。最初は仕事の要領がつかめずドタバタしますが、熱意を武器に数々の困難を乗り越えていきます。

●エドウィン・フィッシャー

⇒ヤン艦隊 副司令官/『銀河英雄伝説』

地味な目立たない人物ですが、ヤン・ウェンリー率いる艦隊の運用面を支え続けた名将です。司令官のヤンからは「生きた航路図」と評されたほどで、不敗をうたわれたヤン・ウェンリーの名声はフィッシャーの優れた艦隊運用があったればこそでした。

●狭間浩一郎

⇒特地方面派遣部隊 指揮官/『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』

座右の銘を「叩き上げ」とする、二等陸士から陸将にまで文字どおり叩き上げた人物。昇進具合から分かるとおり、非常に優秀。柔軟で頭が良く、ここぞというときには重大な決断がずばっとできる人です。去り際も潔く見事でした。

●木崎真弓

⇒マグロナルド幡ヶ谷駅前店 店長/『はたらく魔王さま!』

主人公・真奥貞夫がアルバイトするマグロナルド幡ヶ谷駅前店のスゴ腕店長です。コーヒーについての知識は玄人はだしで、店舗運営についても的確で店員から尊敬されています。TOEICで860点を取るほど英語能力も高く、おまけに美人です。

●プロデューサー

⇒765プロダクション プロデューサー/『THE IDOLM@STER』

社長から所属アイドルのプロデュースを依頼されます。最初はナニでしたが、いろいろな困難を乗り越えていく中でアイドルたちの信頼を得て、最終的には業界で注目されるほどの超やり手になりました。

●荒岩一味

⇒金丸産業営業二課 課長/『クッキングパパ』

最初は営業主任でしたが、後に課長に昇進しました。どっしりした体格、いかつい顔ですが優しい人柄で、部下から大変に慕われています。仕事をばりばりこなすプロで、社長からも信頼されています。その上、料理上手で家庭も円満。大人物ですね。

他にも、『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズ准将、『ガールズ&パンツァー』の西住みほ(車長)などのキャラクターもスゴ腕管理職といえるかもしれませんね。あなたは、アニメに登場するスゴ腕管理職といえば、どんなキャラを思い浮かべますか?

(高橋モータース@dcp)

全文を表示