キスされ上手になる方法6つ/Photo by tmarsee530 1【モデルプレス】
モデルプレス

【モデルプレス】好きな男性にキスを奪われたいなら、絶好のタイミングで隙を見せなければいけません。

【さらに写真を見る】キスされ上手になる方法6つ

そこで今回は、魅力的に隙を見せてキスを誘う「キスされ上手になる方法6つ」をご紹介します。

1.耳に髪の毛をかける

耳にかけられる長さの髪型であれば、これを活用しない手はありません。近くに好きな男性が居る方の耳に髪の毛をかけて、長さがあれば反対側に顔を傾けて髪の毛を寄せましょう。

それにより、首筋・耳・うなじが隙だらけになり、男性のキスしたい気持ちを刺激します。

2.時折おでこを見せる

いつもは自然に隠れているのに、時折ピンやカチューシャで留めてキレイなおでこを露にすると、おでこにチュッとされる可能性大。しかし、その為には「おでこケア」が最重要です。

シャンプーなどのすすぎ残し、睡眠不足、食生活の乱れなどは「おでこニキビ」に影響するので気をつけましょう。

3.エレベーターでは自然に

2人きりになるエレベーターはキスには絶好のシチュエーション。しかし、妙な緊張感が漂ってしまうと、男性もキスしにくくなってしまいます。

程よい距離感を保ちつつ、気持ちのバリアを解いて全身に「隙」をつくりましょう。但し、「早くキスして」的な前のめりは引かれてしまうので、奥ゆかしさはキープを。

4.シートベルトを外す時

助手席に乗った女性がシートベルトを外す時、男性にとっては絶好のキスのタイミングでもあるようです。

なので、決してパッと外してサッと車から降りたりせずに、ゆっくりとシートベルトを外して、彼にキスのタイミングをつくってあげましょう。

5.一生懸命何かをする

男性がふと女性にキスしたくなる瞬間の一つに、「女性が何かに一生懸命になっている姿」というものがあるそうです。

もちろん、仕事や夢に打ち込む姿も魅力的ですが、彼のために一生懸命料理をつくっている姿は、効果的にキスを誘うようです。お料理が苦手でも、彼とのキスのために頑張りましょう。

6.視線を感じたら呼ばれるまで

もしも、夜景や花火などを見ている時、ふと彼の視線を感じたらキスしようとタイミングを見計らっているのかもしれません。

振り向いた瞬間にキスを奪われる可能性大なのですが、キス欲しさに何度も振り返ってしまうと台無しに。呼ばれるまで全身隙だらけにしておいて備えましょう。

いかがでしたでしょうか?

恋人同士として付き合いが長くなれば、女性がキス上手になるかもしれませんね。それまでは、「キスされ上手」を楽しみましょう!(modelpress編集部)

全文を表示