警視庁のTwitter人気担当者「甲」さんがさらっと復活!「おかえりなさい」の声多数よせられる
おたくま経済新聞

警視庁の運営するTwitterアカウントの中でも、特に高い人気をほこる警視庁犯罪抑止対策本部のTwitterアカウント。

それまでの警察アカウントとは異なり、他アカウントと積極的に交流を図るなどしていたことから、運営の中心となっていた「甲」さんをはじめ「ネットのお巡りさん」として広く親しまれていた。

【画像付きの元記事はこちら】

ところが2015年6月にぱったりとそれまでの更新を停止。まるでBOTのように情報だけをただ垂れ流すアカウントに変貌し、交流していたフォロワー達を心配させる事態が起きていた。
年末頃には、多少以前のようなソフトな投稿が増えたものの、投稿者名義は「担当」もしくは警視庁のキャラクター「テワタサナイーヌ」となっており、以前頻繁に投稿していた「甲」さん名義が使用されることはなかったのだが……!?

それが2月22日の昼過ぎの投稿でしれっと復活。お昼に食べた「柑橘類」についての投稿の直後だった。

▼甲さん復活最初の発言
「(本日、直属の上司である管理官が定年のため職場を去りました。約2年間、陰になり日向になり、当アカウントを支えてくれた恩人です。どうぞいつまでもお元気で。本当にありがとうございました…)(甲)」

前触れ無しに去って行き、前触れ無しにさらりと戻ってきたためあまりの事に驚く人が続出。と同時に、この投稿には「お帰りなさい」の声が数多く寄せられ、直後の別の投稿によると甲さんも目を潤ませているという。なお、今回の件については編集部からも一言申し上げたい。「甲さん、お帰りなさい。」

全文を表示