「しくじり先生」に亀田大毅が登場!男泣きの訳とは…?
Smartザテレビジョン

3月14日(月)夜7時からテレビ朝日系にて、元プロボクサーの亀田大毅が「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」に登場し、授業を行う。

【写真を見る】“調子に乗って国民から嫌われちゃった先生”として登場の亀田大毅は苦笑

亀田三兄弟の次男・大毅は'06年にデビューし、“浪速乃弁慶(なにわのべんけい)”として人気を集めた。そして約1年後、18歳の時に当時の世界チャンピオン最年少記録を懸け、内藤大助との大一番に臨むも相手を抱えて投げ飛ばすなどの反則を連発。この1戦をきっかけに、一夜にして亀田三兄弟はヒーローからヒールに転落してしまう。

授業は3章に分かれて展開。第一章の授業では、亀田三兄弟がヒーローからヒールに転落するまでをたどる。

“三兄弟を世界チャンピオンにする”という夢を持つ父の下、11歳からボクシングを始めた大毅。父が考案したユニークな修業に明け暮れる日々を送るが、実は大毅は読書や絵を描くのが好きだったと打ち明ける。

兄・興毅と弟・和毅に挟まれ、自分はとんでもない落ちこぼれだったと暴露し、「はっきり言ってボクシングが大嫌いだった! やめたくて仕方がなかった!!」と当時の苦悩を赤裸々に語る。

だが、デビュー戦で“23秒KO”という鮮烈な勝利を飾った大毅は、突如周囲から称賛され、「ごっつ調子に乗ってもうた!」と当時を振り返る。そして、その後のビッグマウス発言や超ド派手ファッションを紹介する他、内藤との世界戦でなぜ反則行為に走ってしまったのか、真実を語る。

続く第二章では、一夜を境に国民から嫌われてしまった大毅に待ち受けていた悲劇の実態を、テレビで初めて告白。

大バッシングから人間不信となった大毅は、騒動から逃れるため大阪へ。親戚宅で潜伏生活を送っていた際の知られざるしくじりも明かす。

そして、1年間のライセンス停止を経て復帰。練習に励み世界王座を獲得し、“三兄弟世界チャンピオン”という父の念願を達成する。だが、左目に網膜剥離を発症したことから引退を決意。自らの引き際を悟った心情を男泣きで吐露し、引退を決めた“先生”に、父・史郎そして兄・興毅が掛けてくれた言葉を披露する。

最終章では、夢に向かって挑戦する全ての人々に向けて、自らの挫折から悟った人生の教訓を語る大毅。紆余(うよ)曲折の末、亀田がたどり着いた“真の強さ”を明かす。

全文を表示