ナリナリドットコム

スウェーデン自由党の青年団が、あまりにも“自由”すぎる目的を合法化するために活動を始めて話題を呼んでいる。彼らは屍姦と近親相姦を合法化しようというのだ。

英紙デイリー・メールによると、青少年委員長であるセシリア・ヨーンソン女史は「普通でないことと嫌悪感は、その種の性的行為が不法であることを意味しない」と主張。その結果、15歳以上の兄弟姉妹で双方の同意がある場合の性行為と、死ぬ前に作られた同意書がある場合の屍姦を合法にするべきだという投票が、先週末の年次総会で行われたという。

しかしこうした運動はすぐさま母体である自由党の大人たちによって手厳しく批判されることに。元議員のカール・ハミルトン氏は「バカ。自分たちの提唱する自由が人に笑われていることに気がつかなければならない。カバとでもセックスするようになるぞ」とコメント。自由党の広報も彼らをサポートしないことを表明した。

ネットでは「何でもあり、という考え方は文明社会の癌だ」「これは始まりにすぎない」「スウェーデンは大きな実験場なんだよ」「ひょっとしたら10年後には許可されているかもしれないな」と様々な意見が寄せられているようだ。
全文を表示