NHK大河ドラマ『真田丸』に哀川翔の出演が決定(c) Men’s Cut 2016 vol.1
クランクイン!

 現在放送中の、堺雅人主演のNHK大河ドラマ『真田丸』に哀川翔が出演することがわかった。哀川は、「大阪の陣」における真田信繁の最大の理解者であり、強力な盟友でもある後藤又兵衛を演じる。

【関連】NHK大河ドラマ『真田丸』フォトギャラリー

 哀川が演じる後藤又兵衛は、元は黒田家に仕えた猛将で、徳川に叛旗を翻し集まった牢人衆の筆頭格。哀川は、「後藤又兵衛という魅力的な人物を演じるという機会に恵まれ嬉しく思います。自分自身、全力でやりますので、よろしくお願いします」と出演への意気込みを語っている。

 制作統括の屋敷陽太郎氏は、「後藤又兵衛は、大坂の陣での真田信繁を物語るときに、絶対に欠かせない武将です。信繁にとってはよきライバルであり、最強の同志でした」と役柄について説明すると、「信繁が自らの命を預けてよいと一瞬にして信頼出来る人物は誰だろうかと考えたときに、哀川翔さんが真っ先に思い浮かびました」とオファーに至った経緯を語り、哀川の演技に期待を寄せた。

 本作は、戦国時代の名将・真田信繁(幸村)らが戦乱の世を生きる姿を描いた大河ドラマ55作目となる作品。堺が主人公・信繁を務め、大泉洋、木村佳乃、長澤まさみら豪華キャストが脇を固める。脚本は三谷幸喜が務める。

 『真田丸』はNHK総合にて、毎週日曜20時より放送。

全文を表示