キンコン西野がクラウドワークス批判勢を一蹴!「利用しなきゃいいんだよ」
バイレーツ

キングコング・西野亮廣さん(35)がここのところのクラウドワークスに対する批判記事に対し、Facebookに「腑に落ちるものが一件もないんだよな」と投稿した。

以下、西野さんの語る、そもそものクラウドワークスの意義や必要とする人を取り上げた語りが「ごもっとも」「名言」など共感を呼んでいる。

まず、批判の発端となったのが株式会社クラウドワークスの決算説明資料だ。

画像出典:クラウドワークス

画像出典:クラウドワークス

・クラウドワークスのユーザー(クラウドワーカー)は1月末に80万人を突破。
・月収20万円超えのユーザーは2016年9月期第一クオーターで111人。

80万人ものユーザーがいて月収20万に届くのがわずか111人、という見方の上であまりにも収入源にならない等の批判が相次いでいる。

こうした動きに対して、自身のFacebookにて西野さんは語る。

在宅ワーカーさんには“在宅する理由”や“在宅しなければならない理由”があるわけだ。

家のことや家族の送り迎えに一日の大半を割く人。そのわずかなすきま時間で、仕事をしたいと考える人。

そんな実働時間の短い人たちがユーザーの大多数であろうところに、月収20万以上がわずかなのは当然、と見る。

本来、収入がゼロだったところを、月に5万円でも「自分の力で稼げる」という選択肢が生まれたわけじゃん。
5万円あれば、どれだけ助かることか。
で、「月に5万円じゃイヤだ!」というのであれば、簡単な話、利用しなきゃいいんだよ。
「ここで働け!」と首根っこ掴まれたわけじゃないんだから。

もともとはゼロだった収入を月5万円にすることができる。より多くを望むのならば、それに適した働き方があるのだ。

また、ネガティブ記事の投稿者に対しては「お前が見ている世界が面白くないのは、お前のせいだからな」と一蹴した。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:ニシノ アキヒロFacebook
参照・画像出典:クラウドワークス/2016年9月期 第1四半期決算説明資料
画像出典:Amazon/示談交渉人 ゴタ消し DVD BOX
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

全文を表示