マイナビ学生の窓口


男性声優の中でトップクラスの人気を誇る声優さんが、神谷浩史さんです。主人公からクールな悪役、またちょっと変わった三枚目まで幅広く演じています。そこで今回は、神谷さんが演じたアニメのキャラクターの中で「これはハマっていた!」と思えるキャラクターをピックアップしてみました。

■クールなキャラクターのほうがハマり役が多い?

●糸色望(さよなら絶望先生)

常にネガティブでオーバーリアクションな糸色望。その「厄介な感じ」が神谷さんの見事な演技によってさらに引き上げられています。神谷さんの代表キャラクターの一人ともいえます。

●ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)

中性的な見た目のガンダムのパイロット。冷酷なほど任務遂行に忠実なキャラクターですが、少しずつ出てくる人間味が魅力です。神谷さんのクールな演技と熱い演技の両方が堪能できました。

●夏目貴志(夏目友人帳)

普通の人には見えない「妖」を見ることのできる少年。繊細で心優しく、正義感も強いため無用のトラブルに巻き込まれることも……。どこか捉えどころのない貴志には、神谷さんの優しい声がぴったりでした。

●阿良々木暦(化物語)

怪異に取りつかれた少女たちに振り回され、また彼女たちの言動の突っ込み役に回ることも多いコミカルなキャラクターでした。しかし時にはびしっと格好良く決めることもあり、その場面での神谷さんの演技はしびれます。

●赤司征十郎(黒子のバスケ)

神谷さんの演じたキャラクターの中でもトップクラスの人気を誇ります。普段は丁寧な口調ですが、いざ勝負事になると一変。冷酷に勝利のみを追求します。神谷さんのクールで恐ろしさを感じさせる演技は圧巻です。

●リヴァイ(進撃の巨人)

人類最強の男と称されるほどの実力を持ち、常に冷静な立ち居振る舞いをします。その威圧的な言動は神谷さんのクールな声も相まってぞくっとする魅力があります。神谷さんは数々のクールなキャラクターを演じていますが、その代表格ともいえます。

●折原臨也(デュラララ!!)

「人間を愛すること」をモットーとする情報屋。人間観察のために物語を裏から操り、そのためなら倫理上問題のあることも平気で行います。その「狂気をはらんだ冷静さ」の演技は見事。

●メフィスト・フェレス(青の祓魔師)

主人公・奥村燐の面倒を見ている祓魔師(エクソシスト)。その正体は悪魔で、折原臨也と同じく、物語を裏から見ているような雰囲気のある「狂言回し」役のキャラクターです。神谷さんには珍しいやや低めのトーンの声ですが、ハマり役でした。

●市ノ宮行/リクルート(荒川アンダー ザ ブリッジ)

ひょんなことから荒川河川敷に住むことになった市ノ宮行(リクルート)。常識外れの住人たちに振り回されながらも、自分のやりたいことを見つけていきます。神谷さんのナチュラルな演技に注目です。

●松野チョロ松(おそ松さん)

松野家の6つ子の三男。個性的な6つ子たちの中ではまだ常識人で、他の5人のとっぴな言動に突っ込みを入れまくります。神谷さんのそのクールで淡々とした演技が、実に魅力的。チョロ松人気の要因の一つでしょう。

神谷浩史さんの演じたキャラクターの中から、「これはハマっていたなあ……」というキャラクターをピックアップしてみました。熱血系のキャラクターよりも、やはりクールなタイプの方がハマっている印象がありますね。これを読んでいる皆さんは、どんなキャラクターを思い浮かべますか?

Photo(C)FreeDigitalPhotos

(中田ボンベ@dcp)

全文を表示