フランスでは『ドラえもん』が放送禁止!? その理由にガク然…
バイレーツ

画像出典:YouTube(シネマトゥデイ)

日本の国民的アニメ『ドラえもん』が、フランスでは放送禁止だった!?

3月2日に放送された『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に、小説家・ミュージシャンの辻仁成さん(56)がゲスト出演し、フランスでは『ドラえもん』が放送禁止になっていることを明かした。

現在、辻さんはフランスを中心に活動していて、「フランスの若者は日本のアニメが大好きだけど、ドラえもんだけは彼らは知らない」と話した。辻さんによると放送禁止の理由は、フランスの教育委員会が、ドラえもんがいたら子どもが成長しないと判断したためだという。

つまり、便利な道具を出してくれるドラえもんに頼りきってしまう“のび太みたいな子”が育ってしまうことを懸念しているのだろう。

爆笑問題の田中裕二さん(51)は、「それは自分で努力しなさいという裏テーマがあるじゃない。そこをちゃんと伝えればいい」と指摘した。

田中さんの言う通り、『ドラえもん』には、道具に頼るべきではないというメッセージが内包されているのは見れば分かること。

のび太だって、やるときはやる! フランスの教育委委員会の方にも分かってほしいぞ。

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』予告編

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)
画像出典:YouTube(シネマトゥデイ)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

全文を表示