アフィリティーのホームページ
BIGLOBEニュース

ウェブページの内容を保存することができるサービス「ウェブ魚拓」が、「過去の魚拓」機能を停止したと発表した。


「過去の魚拓」は、取得したウェブページの魚拓一覧をカレンダーから日別に表示出来るページの機能で、「取得済みの魚拓」はこれまでどおり見ることができる。ウェブ魚拓を運営しているアフィリティーは、今回の過去の魚拓の停止について、「インターネットでも個人の権利として認められてきました『忘れられる権利』等に対応が現状、困難」なことが理由だとしている。この機能を完全に廃止するか、「忘れられる権利」に対応したバージョンをリリースするかは現在検討中とのこと。


「忘れられる権利」は、インターネット上の情報でプライバシー侵害に苦しむ人を救済する新しい人権。現在は、GoogleやYahoo!などの検索事業者に個人情報を検索結果から削除してもらうよう要請できる権利として認識されており、日本でもさいたま地裁がGoogleに削除命令を出している。

全文を表示